ENDOR雑記

束、洋書関連の個人的メモ書き。

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

オンライントールキン講座 受講メモ2 第一週 イントロダクション

第一週である今回は導入(intoroduction)です。

講義内容としては

1.自己紹介
(BBSにそれぞれ書き込む)

2.トールキンの生涯と執筆履歴

3.皆様のトールキン話
(BBSにそれぞれ書き込む)

4. 参考文献一覧

ですね。先生は Dimitra Fimiさん。ギリシアの人みたいです。女性です。

BBSを見ると、四人の方が書き込んでいらっしゃる。私は今、英文を書くには頭が疲れているので、後回しにします。

それはさておき、今回の講義内容としては
2がメインだと思われます。
項目をクリックして、コンテンツを見てみると、トールキン関連の文献と、参考になるURLが並んでます。

まあ、カーベンター氏の伝記はあたりまえにあります。そしてHistory of the Middle Earth 12巻の紹介、インクリングス関連の文献の紹介等々がもうこれでもかと(笑)。

中でも目を引いたのが、世界大戦に関する情報が掲載されているサイトへのリンクが貼ってあったこと。文学作品には必ずそれが書かれた時代の影響があり、特にトールキン教授は実際兵役をしていたのだからここは重要、ということなのですね。貼ってある関連のリンクをざっと見てみますが、コンテンツがありすぎて読みきれません。いい加減頭がぼーっと霞んできました。明日以降、ゆっくりと見よう。そうしよう。

そのような呆然とした頭で拾ったことですが、どうやら先生お勧めの本は、2003年に出版されたJohn Garthの「Tolkien and the Great War」というものらしいです。面白そうです。アマゾンで買おうかな。もっとも一番の問題はこの講座が終わるまでに読めるかどうかですが。それにしても、私上記の戦争関連のサイトをいくつかざっと見て、かなり凹んでしまいました。今、気分がどぼどぼに暗いのですが…。








スポンサーサイト

category: トールキンオンライン講座 第一週

thread: 勉強日記

janre: 学問・文化・芸術

[edit]

page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。