ENDOR雑記

束、洋書関連の個人的メモ書き。

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

評価が返ってきました。



さてエッセイの評価が返ってきました。こんな感じです。

Relevance to question 5
Detailed evidence 5
Use of evidence  4
Bibliography 5
References in text 5
Style 3
Presentation 5

5:優秀 4:良 3:平均 2:向上を求む 1:チューター(先生)に相談すること

全体的には良い…のかな?やっほう!ありがとうございます、Fimi先生!
しかし、やはり文法的な部分(Style 評価は3)はかなり問題があったようで反省することしきりです。
返ってきたエッセイのワードファイルには履歴がついていて、細かい文法、用法の間違いを修正してくださっていました。なんともありがたいです。私はどうも冠詞や名詞の用法がなっていないようです(汗)。

エッセイの内容は、エリオルの枠組み物語と、アングロサクソン年代記、ブリテン王列伝を照らし合わせ、トールキンがどれほど言語学以外の分野の歴史的マテリアルを考慮していたかを探りながら、Lost Talesの欠点を明らかにするものです。
アングロサクソン年代記、ブリテン王列伝との共通点をいくつか挙げようとしたのですが、数箇所、論拠が弱い所があったようです。共通点ではなく相違点も指摘したのですが、むしろそれが良いと誉めてもらえました。

どういった相違点かというと、アングロサクソン年代記、ブリテン王列伝どちらにも、アングロサクソン民族とブリテン島にもといた民族(主にウェールズ人)との闘争が繰り返し描かれています。しかし、トールキンの枠組み物語ではそうした闘争は描かれていない点です。むしろ、アングロサクソン族のエリオルと島民、つまりエルフとの友好関係が強調されています。しかし、それではブリテン島の歴史におけるアングロサクソン族以前の先住民の存在をまったく考慮していないことになります。
こうした事もおそらくはエリオルの枠組み物語を使ったLost Talesが挫折した要因の一つではないか?と私は結論付けたわけです。

まあ、トールキン初期作品のあらさがしみたいになってしまったのですが、Fimi先生には受けた?ようでほっと一安心です。

というわけで、内容は多く期間は短いオンライン講座も無事終了いたしました。よかったよかった。せっかく講座を受講したのだから、忘れてしまわないうちに書き留めておこうと始めたこのブログもここで筆を置かせていただきます。このブログが、なんらかの機会にトールキン愛好者の方々のお目に止まり、また読んでいただける事がありましたら幸いです。

もしご質問等があるようでしたらzva10535★nifty.ne.jpまでメール下さい(★は@に変換してください)。

では!
スポンサーサイト

category: トールキンオンライン講座 エッセイ

[edit]

page top

「Tolkien and the Invention of Myth: A Reader」論文その3

A Mythology for Anglo-Saxon England

Michael D.C. Drout

大変難しい論文なのですが、一所懸命読めば(笑)とても面白い論文です。十分理解出来ているかどうか自信がないのですが、とりあえずまとめます。

Lost Talesに出てくるエリオルの枠組みの物語から論文は始まります。
エリオルにはヘンギスト(Hengest)、ホルサ(Horsa)、ヘレンダ(Heorrenda)の三人の息子がいます。実はこのうちの二人は、イングランドの歴史に深くかかわる伝説上の人物と同じ名前なのです。

アングロサクソン年代記によると、この二人はユトランド半島に住むジュート族に属し、当時ローマの支配と保護が無くなったブリテン島を悩ませたピクト族に対する傭兵としてボルティゲルン王に招かれてやってきました。この二人の後にジュート族、また引き続いて他のサクソン系の民族がブリテン島に移住し、元の住民と戦いを繰り返し、やがて彼等の国を建国します。ジュート族はゲルマン系に属します。
この二人は、ブリテン島においてアングロサクソン族の移住に非常に重要な役割を果たした人物だという事になります。
このジュート族が、ベーオウルフの属するイェーアト(Geatas)族ではないかという説があります。

ラテン語で書かれたベーダのイングランド教会史によると、Iutarumという言葉が出きます。このIutarumが英訳される際に、Geataと訳されている場合があります。
(Iutarumはどうやらジュート族を指すラテン語のようですが、ラテン語はよく分りません。一応ネットでも調べてみましたが、さっぱり@o@)おそらくこれがジュート族=イェーアト族の根拠となっているのでしょう。もっとも別の箇所では、IutarumをEoten、Ytenaと訳しています。古英語では、ジュート族をYteあるいはYtanとし、Geataとはなりません。トールキンもこの説を否定しています。むしろJuteとGeatasの混合、混乱が見られたのではないかとトールキンは「In Beowulf and the Critics」で指摘しています。

「ジュートがGeateであるという説は、古英語のベーオウルフが(英国の)国民的な叙事詩であるならば、彼はスウェーデン人であってはならないという理念を基盤として打ち立てられたものである。―中略―もしベーオウルフが国民的な叙事詩ならGautr族とジュート族の両方を含むものになるはずだ」

トールキンはリード大学にいた頃ベーオウルフに出てくるイェーアトをGoths、つまりゴート族と訳しています。ゴート族は古いゲルマン系の民族です。現在ではどうやら否定されていますが、この時代、トールキンはイェーアトをゴート(Goth)と解釈していたようです。また、ゴート族は19世紀から20世紀の学者の間では、騎馬民族とされていました。指輪物語の騎馬民族、ロヒリムの王の代々の名前にはゴート語の名前が多く見られます。

ここでヘレンダを説明しなければなりません。ヘレンダはエリオルの枠組み物語の中では、上記のヘンギスト、ホルサの異母兄弟です。ヘレンダはエリオルの後を継いでエリオルがエルフから聞いた話を書き綴ります。ヘレンダという名前は、アングロサクソン記等には出てきませんが、エクセター写本(Exeter Book)の中に詩人として登場します。

こうしたことから、Drout氏はLost Talesの中でトールキンが描いた理想のアングロサクソン人の歴史を下記のように推測しています。
エリオルが妖精の島(イングランド)へ漂流する。妖精(エルフ)達から神話を聞く。エリオルの息子、ヘンギスト、ホルサ、ヘレンダに率いられてジュート族が移住してくる。
ヘレンダは父から聞いたエルフの伝説を書き綴る。彼はまたベーオウルフの作者でもある。なぜなら、ベーオウルフの英雄はゴート族であり、ゴート族はアングロサクソンと同じくゲルマン系民族の一つであるからだ。

Drout氏はさらに言語学的な要素を用い、様々な論説によって上記の説を補足しています。


この論文を読むと、「ベーオウルフをイングランドの国民的な神話にしたかった」トールキンの願望がDrout氏の解説によって見えてくるようです。
つまり、トールキンはイングランドのアングロサクソン人の中にゴート族の血統を見出し、ベーオウルフをイングランドの正統な神話として帰属させたかったのです。その想いが指輪物語のローハンの民に強く反映されています。
実際、イェーアト族が何族なのかはっきりしていれば、あまり悩むことはなかったんでしょうね。トールキンがイェーアト族=ゴート族としたのは、当時の学会の意見を反映したものですが、トールキンはゴート語に非常に魅力を感じていたことも一因のようです。



category: トールキンオンライン講座 エッセイ

[edit]

page top

「Tolkien and the Invention of Myth: A Reader」論文その2


Sandra Ballif Straubhaar

Myth, Late Roman History, Multiculturalism in Tolkien's Middle-Earth
トールキンの中つ国における神話、後期のローマの歴史、多文化主義

まず導入部でタキトゥスの「ゲルマニア」の中にあるゲルマン人の描写が引用され、当時のローマ人のゲルマン人に対する見方が紹介されます。
この「ゲルマニア」でタキトゥスが語るゲルマン人は、ゴンドールの人が語るローハンの人と共通した特徴があるのです。
「ゲルマニア」の中では、「ゲルマン人は、野性的で、青い目、赤っぽい髪、そして背が高い。また熱と乾きに弱く、寒さと餓えに耐える民族である」という記述があります。
指輪物語でファラミアもローハンの人々を「丈高い男達も、美しい女達も勇敢であり、金色の髪と、晴れやかな目を持ち、力も強い」と述べています。

R.C. Blockleyという人の論文によると、ローマ人と野蛮人(ゲルマン人を含む)との間でも結婚するケースがあったようなのですが、それが王族間の婚姻であった場合、しばしば不幸な結果を招じたそうです。しかし、そうした異民族間の婚姻は引き続き行われ、次第に受け入れられるようになったようです。
こうしたローマ帝国の市民と異民族の婚姻は、指輪物語にも反映されています。
まず、ゴンドールの王子ヴァラカールと北国人の王の娘、ヴィドゥマヴィとの結婚です。
この結婚は後に同族争いの元になった不幸な失敗例です。
成功例は、ファラミアとエオウィンの結婚です。彼等の結婚はヴァラカールとヴィドゥマヴィよりずっと後の事です。この点においても、ゴンドールはローマ帝国の歴史を反映しているといえるでしょう。

「ゲルマニア」の中でゲルマン人は野蛮人として見下される一方、その勇気や忠誠心が褒め称えられています。アラゴルンもローハンの民を誇り高い勇敢な民族と讃えています。(ここには、第8週で紹介された、18世紀のジャンジャック・ルソー「高貴な野蛮人」の思想が見られる気がします)
こうしたことから、高い文明を持つ種族(ヌメノール)の血に原初の力強さを有する北方人(ローハン)の血統、文化が混じることにより、より良い結果が生じるという多文化主義の思想が反映されていることが窺えるのです。

なるほどーー。
さて、ここから少しばかり自分の考察を書いてみます。

この論文を読みながら、トールキン神話の中の異種族間の結婚にどんなものがあったか、ぼんやりと思い浮かべてました。
例を挙げてみます。
アラゴルン―アルウェン
べレン―ルーシアン
トゥオル―イドリル
シンゴル―メリアン

これを見て何か感じませんか?
どれも上位とされる種族の女性が自身よりも下位の種族の男性と結ばれているのです。
日本で言う降嫁と似たような感じですね。東西を問わず、こうした婚姻の形は政略的によく見られるものだと思います。

ファラミアとエオウィンの結婚はこうした因習的な枠組みから外れるようにも見えますが、実のところそう単純ではないと思います。
二人の結婚はアラゴルンとアルウェンが結ばれた後に行われているからです。
つまり、二人が結婚した時にはファラミアはすでにゴンドールの主権をアラゴルンに譲り、アラゴルンがゴンドールの王として王国を統べていたことになります。
ファラミアはゴンドールの主権から退いているので、その地位は下りローハンの姫君との結婚もさほど身分違いではないのではないかと私は思います。

一方アラゴルンは薄れてしまったヌメノールの血筋にアルウェンを迎えることで、その子孫により濃いエルフの血を復活させます。
もともとヌメノールの血筋が尊ばれるのは、エルフの血が混じっていたからです。アラゴルンは二重の意味で古の王政を復活させているのです。

こうした事を考えれば、トールキンは諸手を上げて異種族間結婚を賞賛しているわけではないように思えます。
ファラミアとエオウィンの結婚は同等の身分同士の異種族結婚であり、身分が違うと思われる異種族間の結婚は、上位の女性と下位の男性という形に限られているのではないでしょうか?エルフの男性と人間の女性が結婚した例が果たしてあるでしょうか?
今では時代錯誤と言える古代の、特に母系を通じた高貴な血統への憧れが、意識的にせよ無意識的にせよトールキンの作品の中にあるような気がしてならないのです。
そして、こうした憧れはいわゆる「人種差別」、や「性差別」とはまた質が異なるものだと私は思います。むしろそれはかつてあった黄金の日々への憧憬でありノスタルジーなのではないでしょうか。

もう一つDrout氏の論文を紹介したいと思いますが、それはまた連休開けにでも…。

category: トールキンオンライン講座 エッセイ

[edit]

page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。