ENDOR雑記

束、洋書関連の個人的メモ書き。

02/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

Ballad: A Gathering of Faerie by Maggie Stiefvater

http://www.amazon.com/Ballad-Gathering-Faerie-Maggie-Stiefvater/dp/0738714844/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1269932452&sr=8-1

ジャンル ファンタジー メルヘン 青少年向け 
Lament(未読)という作品の続編だがこれ単体でも読める。

天才的なバグパイプ吹きの少年と妖精のラブストーリー。こう書くと何かノスタルジックな、要するに過去を舞台とした話を期待される向きが多いかも知れないが、ところがどっこい、これはパールジャムが出てきたり、メールのテキストがそのまま挿入されていたりと、たいへん現代的な作品だ。こうした取り合わせは下手をするとメルヘンチックな妖精の世界が台無しになってしまいそうだが、この作品は辛うじて破綻を免れているように思えた。適度に抑制された文章からは静謐さと透明さが感じられて美しい。登場人物の心の動きもよく伝わってくる。個人的には立原えりかの一連の妖精物語とどこか通ずるものがあるように感じた。

しかし、出来るならこういう物語はあまり風呂敷を広げて欲しくないものだ。妖精の世界と純粋な少年少女の心の描写だけでも小説は成り立つと思うのだが、昨今はそうもいかないのだろうか? 物語の終盤明らかにドラマとして「盛り上げよう」という作者の意図が見えてしまったのが残念に思う。ときおり挟まれるメールテキストも小道具としての効果を十分発揮しないままに終わってしまっている。

評点なんぞ。

読んでしまったクマ~度 ☆☆☆
もうこの世界に入ってしまいたい。もう現世には戻りたくない度 ☆☆☆☆☆
出家托鉢度 なし
梵書度 なし
バスタブ水没度 ☆☆
積んどく度 ☆☆☆


米アマゾンのレビューは多く、好評を博しているようだ。また上記のページでは中々に楽しいプロモーション用の動画が見られる。
スポンサーサイト

category: 読書感想

thread: 読書感想文

janre: 小説・文学

[edit]

page top

Confessions of an Ugly Stepsister by Gregory Maguire

http://www.amazon.com/Confessions-Ugly-Stepsister-ebook/dp/B000FC118S/ref=sr_1_13?ie=UTF8&s=digital-text&qid=1268230673&sr=8-13

ジャンル:ファンタジーではない。「1Q84」や「高慢と偏見とゾンビ」等と同じく過去の物語、あるいは作品に手を加えて仕立て上げたものだ。この作品の場合は「シンデレラ」が元になっている。そのうちこうした小説の手法が増えれば適切なジャンルの括りができるかもしれない。
また、純文学というよりも、ずっと親しみやすい感があるので単に「小説」としたほうがいいだろうか。性的な描写はほぼないが、ある程度世界史が頭に入っていないと楽しめない。シニカルな人間観察をじっくりと味わうものなので、子供が読むには向かない。

しかし。実に面白い読み応えのある作品だった。淡々とした、一見シンデレラとは何のつながりもなさそうな物語が進むうちに、まるで異なる二つの絵の輪郭がぴったりと重ねられていくようにストーリが合わさってゆく。その手腕は何とも鮮やかなものだ。
17世紀、イングランドからオランダへと逃げのびてきた寡婦と醜い娘二人を軸に、描き出される人間模様がまた小気味よい。

ラストが少し弱いかとも思ったが、おそらく筆者はもっと人間の醜さを曝け出せるおぞましい結末を用意できたはずだろう。それを回避したところにある種の現代性があるようにも思う。読者に対する思いやりとも取れる。

しかし、この筆者米アマゾンでは非常に評価が高いのに、邦訳された「ウィキッド」の日本アマゾンのレビューが惨憺たる状況なのはどうした訳だろう。下手な作家ではないと思うのだが。
暇があれば邦訳を読んでみようと思う。

評点なんぞ。

読んでしまったクマ~度 ☆☆☆☆☆
もうこの世界に入ってしまいたい。もう現世には戻りたくない度 ☆☆☆
出家托鉢度 なし
梵書度 なし
バスタブ水没度 なし
積んどく度 ☆




category: 読書感想

thread: 読書感想文

janre: 小説・文学

[edit]

page top

World of Warcraft ARTHAS by Christie Golden

http://www.amazon.com/World-Warcraft-Arthas-Rise-Lich/dp/143915760X/ref=cm_cr_pr_product_top

RPGファンタジー オンラインゲームのノベライズ
読者対象もゲームに相当する。

ウォークラフトというオンラインゲームのノベライズ(http://ja.wikipedia.org/wiki/World_of_Warcraft)
ゲームは疎いのでよく分からないが、ともかく読んでみた。ファンタジーの構築として、人間、エルフ、ドワーフ等、誰にでもよくわかる世界の中で物語が進み、ある種安心感がある。書き手もかなりのベテランらしく、主人公が成長していく様子や各脇役陣の心情も丁寧に描かれていて隙がない。
その分、(ゲームのノベライズなので仕方ないのかもしれないが)エピソードや物語の展開がやや平板になってしまっているようにも感じた。

おそらくは長い物語の冒頭部分なので、これ一冊で判断するわけにはいかないのだろうけれども、読み終わってみると、軽い失望感に見舞われる。面白い事は面白いのだが、もう少し強烈な何かが欲しいところ。
全体として悪くはない。
悪くはないという評価よりは、酷評のほうが良いとする向きもあるかもしれない。なので言い換えてみると、「読んでもいいんじゃない?」という感じで評点は

読んでしまったクマ~度 ☆☆☆
もうこの世界に入ってしまいたい。もう現世には戻りたくない度 ☆☆☆
出家托鉢度 ☆
梵書度 なし
バスタブ水没度 なし
積んどく度 ☆☆☆

category: 読書感想

thread: 読書感想文

janre: 小説・文学

[edit]

page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。