ENDOR雑記

束、洋書関連の個人的メモ書き。

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

トールキンソサエティ・ジャーナル Mallornより 

トールキン・ソサエティの会員になると機関紙「アモン・ヘン」が毎月、ジャーナル「Mallorn」が年に二回送られてきます。

どちらもぱらぱらと目を通すぐらいでじっくり読んだりすることは稀(^^;)なのですが、今回の「Mallorn」になかなか面白い記事がのっていたので、少しまとめてみます。記事寄稿者はトールキン研究では大層有名なトム・シッピー氏。内容は2009年に出版された下記トールキン研究本『The Epic Realm of Tolkien - Part One - Beren and Luthien』に対するレビュー、あるいは痛烈な批評またはお叱りです。

この本ではシルマリルからHoMeに掲載されているベレンとルーシアンの物語のソース・マテリアル、つまり教授流に言うとスープの出汁の元各種を取り上げ、それぞれを掘り下げてみたもののようです。アーサー王伝説との関わりがあるものが軸となっています。
例えば

マギノギオン 「キルッフとオルウェン」(初期アーサー伝説として)
ヴォルフラム・フォン・エッシェンバッハの「パルツィヴァール」 
中世詩 「かっこうとナイチンゲール」
(http://www.everypoet.com/archive/poetry/Geoffrey_Chaucer/chaucer_poems_THE_CUCKOO_AND_THE_NIGHTINGALE.html)
モンマスのジョフリーによる「ブリテン王列伝」
などなど。

また、ベレンとルーシエンの物語の中に見受けられる具体的なアイテムとして、

初期のベレンとルーシエンの物語に登場する猫のプリンス、テヴィルド(Tevildo)のモデルとして ウェールズの民話に出てくる悪魔の猫 キャスパリーグ
カルカラス(Karkaras)のモデルとして、マギノギオンのトゥルフ・トルイス (大イノシシ狩りの話)
が挙げられ、上記の二つのアイテムに関してはシッピ―氏も「ソースとしてもっともらしい」と認めています。

ですが、確かに類似点はあるもののトールキンがソースとしたかどうかは疑わしいとシッピー氏が指摘するものも多々あるようです。

一つには中世詩の「かっこうとナイチンゲール」。シッピ―氏によると、トールキンがこの詩を知っていたことは勿論ありうるが、それよりも古い「フクロウとナイチンゲール」の詩により強い興味を抱いていたと反論しています。「フクロウとナイチンゲイール」は、オックスフォードのシラバスにもある作品だし、さらには「フクロウとナイチンゲール」の作者とされるNicholas Guildfordの名を、トールキンは『Notion Club Papers』の登場人物に拝借しているではないか!と大反撃。そして前者のナイチンゲールは真の愛と精神の向上を表すのに対し、後者は不義と不貞を表しているといったところで矛盾が見られる。よって、前者からのみナイチンゲールの解釈を引き出そうとするのは無理があるというわけです。

また、エッシェンバッハのパルツィヴァールに関しても、探求の対象といった意味合いで聖杯とシルマリルを同等視する論説が展開されるのですが、それに対しても、シッピー氏はドイツの聖杯伝説にトールキン教授が興味を示さなかったわけではないが、それは北欧の伝説となんらかの関連を持つ場合に限ると主張します。

さらに、モンマスのジョフリーによる「ブリテン王列伝」にも初期のアーサー王伝説の要素が数多く含まれています。そこでトールキンは「失われた物語(Lost tales 1、2)で、ブリテン王列伝が書かれた当時の元ネタであるイングランドのアーサー王伝説を再構築しようとしたのだろうという仮説が打ち立てられています。これもシッピ―氏は、著者の「ブリテン王列伝」の解釈(一部のラテン語の解釈)に誤りがあるとして退けています。

全体的に手厳しい内容となっていて、間違いを指摘するだけではなく「似たものを並べただけじゃくそつまらん! そっから先になにもないなのか!!」とドカドカしている様子が目に浮かぶようでした。トールキン研究本もこれまでに(海外では)多数出版され、新しい切り口を見つけるのが難しくなってきているのかもしれませんね。

The Epic Realm of Tolkien - Part One - Beren and Luthien
Alex Lewis (Author), Elizabeth Currie (Author)
(http://www.tolkienlibrary.com/press/903-Epic_Realm_of_Tolkien.php)


スポンサーサイト

category: トールキン

[edit]

page top

Mainspring by Jay Lake

http://www.amazon.com/Mainspring-Jay-Lake/dp/0765356368/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1274444189&sr=8-1
ジャンル:ファンタジー/スチームパンク 青年から大人向け

まだ若く、未熟な時計職人の弟子が、世界を救う使命を大天使ガブリエルから受けるというのだから、なんとも気宇壮大な物語だ。19世紀後半を舞台としているようだが、読んでいるうちに訳が分からなくなってくる。

作者の狙いは、少しご立派に言わせて頂けば、天動説と同じほど物理的に成り立たない宇宙理論を打ち立て、「科学知識がまだ発達していない時代の人が想像したような疑似神学的物理学に基づいた世界」を構成するところにある。アマゾンのレビューを一瞥すると分かるが、これをまったくもってバカバカしいと片づけてしまう読者と、荒唐無稽だがそれなりに楽しむ読者に分かれている。
波乱万丈の冒険物語はとても楽しい。飛行船のスケールの大きな描写なども実に魅力的。美しい。上手く映像化することができればとても素晴らしいものになるに違いない。ただ後半主人公と類人猿まがいの恋人がメインとなってからは話がダレダレになってしまいワクワク感も半減してしまう。それが残念なところ。どこかしらエーコの「前日島」を彷彿とさせる趣がある。

評点らりらり

読んでしまったクマ~度 ☆☆☆
もうこの世界に入ってしまいたい。もう現世には戻りたくない度 ☆☆☆☆
出家托鉢度 ☆☆☆
梵書度 ☆☆☆
バスタブ水没度 ☆☆☆☆
積んどく度 ☆☆☆

category: 読書感想

thread: 読書感想文

janre: 小説・文学

[edit]

page top

Bitter Seeds by Ian Tregillis

http://www.amazon.com/Bitter-Seeds-Ian-Tregillis/dp/0765321505
ジャンル ファンタジー/大人向け 第二次世界大戦、イギリスとドイツの架空の戦闘を描く。オルタネイティブ・ヒストリーというジャンルらしい。

オカルト軍団(イギリス)とマッドサイエンティストが作りだした改造人間軍団(ドイツ)の対決である。ヒットラーやナチズム等といった要素はあまりない。コミカルなものではなくドシリアスでどど暗い。希望のかけらもない。ドイツ側とイギリス側の話が平行して進むので最初はちょっと話が頭に入りにくいが、設定はよく作りこまれている。力作だ。戦争の下層部で奔走するしかない人々の絶望と苦悩を描こうとしたのだろう。ある種の深みは感じられる。
だがオカルトが現実に作用する仕組みが貧弱で、改造人間にしてもその原理がバッテリーで動いているだけでは説得力に欠ける。ラスト数ページになって、終わりが見えてくると、なるほどガッテン! ではなく、なんじゃこれガッデム! とこぶしを突き上げたくなるのだ。周りに壊れやすいものを置かないほうがいい。ともかくそうした土台が弱いので、その上に登場人物の悲劇を丁寧に築き上げたとしても、その労力は洪水ガーである。ネックとなるはずの“未来が見通せる”改造人間「グレーテル」にしても、彼女の行動における心理的な要因が欠落しすぎている。昆虫になったわけはあるまいし。筆者はフルに説明をすることをあえて避け、余韻を残して終わらせたつもりなのかもしれないが、意図した通りの効果を上げているとは思えない。

スケールの大きな虚構を構成しようという並みならぬ意欲は感じられる。それがいいところだ。これが筆者の処女作ということで、次作に期待する人も多いだろう。

評点だらりん

読んでしまったクマ~度 ☆☆☆
もうこの世界に入ってしまいたい。もう現世には戻りたくない度 なし
出家托鉢度 ☆☆☆☆☆
梵書度 ☆
バスタブ水没度 ☆☆☆
積んどく度 ☆☆☆


category: 読書感想

thread: 読書感想文

janre: 小説・文学

[edit]

page top

Impossible by Nancy Werlin

http://www.amazon.com/Impossible-Nancy-Werlin/dp/0803730020

ジャンル ラブロマンス/ファンタジー 青少年向け

若い二人が困難に立ち向かい、家族、友人の支えを得て成長し、愛を育むといった青春物語。そこに、ファンタジーの要素をアクセント程度に加えたもの。

少し流れがもったりしているけれど、よくできたTVドラマを見る感がある。主人公がちょっといい子ちゃん過ぎるきらいがあるが、どの登場人物(一人を除いて)も良い人ばかり過ぎるきらいもあるが、ともかく親しみやすい。ラストシーンでは主人公とその恋人に声援を送りたくなる。どこまでもセオリー通りの展開だが、若い恋人たちの越えるべき障害がエルフのかけた呪い、という点でちょっと毛色が変わった作品となっている。が。

ファンタジー好きが、めくるめく異世界を期待してこの作品を読み始めても、三分の一ほども読み進まないうちに投げ出してしまうだろう。エルフはドラマの中で恋人たちが克服すべき障害でしかなく、謎解きや仕掛けもちょっとお粗末と言っていい。何故エルフを使って、ファンタジー仕立てにしたのか、必然性はむしろ薄いように思える。もっと現実的な要素で障害を置き換えても構わないのでは? もっとも、それだとあまりにも平凡な作品になってしまうかもしれない。そこは作家の力量によるとしか言いようがないのかもねん。

ファンタジーという観点を抜きに青少年向けの小説として見れば非常に良い仕上がりとなっている。読後感は爽やかなシトラスミントだ。


評点なんぞ。
読んでしまったクマ~度 ☆☆☆☆
もうこの世界に入ってしまいたい。もう現世には戻りたくない度 ☆
出家托鉢度 ☆☆☆
梵書度 なし
バスタブ水没度 ☆
積んどく度 ☆☆

category: 読書感想

thread: 読書感想文

janre: 小説・文学

[edit]

trackback: 0 | comment: --
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。