ENDOR雑記

束、洋書関連の個人的メモ書き。

03/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

マシューはいにしえの夢に思いを馳せる  Against a Dwarf その3


マシューさんはDreaming of Dwarvesという論文の作者のファーストネームである。

「さん付け」すると親しみがでてよいと思う。「たん」でも「P」でもいいと思う。


自分が感じる親しみの程度によって勝手につけるわけだが。もっとも表題には「さん」を付けなかった。ごめんなさい。なんとなくつけない方が詩的かなと思っただけで。



まあいいや。


ともかく論文。前半が昔の精神とか、心理とか、ギリシア時代にまで遡って説明してくれている。

夢の概念とか、ソウルとか北京とかラバーソールとかパラソールとかパラゾールとか違うけどそんなん。


遡り過ぎじゃないかと思うが。ともかく


昔のギリシアの人たちなんぞは夢は魂が本当に体験したことだと考えていた。

アウグスティヌスの“On Genesis”(創世記注解でいいのかな?)によると、

夢は魂の奥深くにある記憶を活性化させるもので、眠っている人が夢に見るイメージは、現実と同程度の重要性を持つものである。

としている。

そーですか。


そして、このお呪いが唱えられたのはアングロサクソン時代のイングランド。
キリスト教が広まりつつあるが、それ以前の異教的な要素もまだまだ根強く残っている頃あいらしい。

この頃のアングロサクソンの人は、

魂自身が神と心的なものに通じている、と考えていた。

そして夢は「魂が体を離れて彷徨い見るもの」と考えていたらしい。(吟遊詩人が残したワンダラーとか、べ―オウルフの詩歌から考えるに)

この点で、ギリシア時代の人たちの考え方に通じるものがあるわけだね。

ふむふむ ほむほむ


夢は神の見せるものであり、予言であり、夢は精神の旅であった。
よって眠って夢を見ているひとの魂は肉体から離れ、肉体はからっぽになってしまうので、とても危険な状態なのである。

そして、吟遊詩人(scope)達は魂の旅路を描いたが、後に残された肉体をどう守るか教えてくれる事はめったになかった。


のだそうだ。


もっとも、キリスト教以前、バイキングなんぞは夢はよっぱらい戦士のたてる騒音だと考えていたとゆー。

面白いね。しかしバイキングについては詳しいとこまで書いてくれてなかった。残念だ。



残念だが続く








スポンサーサイト

category: トールキン関連

[edit]

page top

馬乗りになるドワーフと蜘蛛と金縛りの年:Against a Dwarf その3

ところで Against a Dwarfの原題は

『Wið dweorh』とゆう。すごいかっこいいと思う。

しかし冒頭からして問題があるらしい。えぐい。
大概はdweorhはdwarfと訳されているが、wart(いぼ、あるいは疥癬)という解釈もあり、最初にそういう方向に走るともうとんでもない所にいくかもしれない。いかないかもしれない。

ともかく

言語の問題以外にも意味が崩壊している部分が多い。

お呪いなんぞそんなもんだろうが


だが特に後半がやばい。ここんところ、


“蜘蛛の如きものがマントを手にやってくる。
お前は私の馬だと言い張りながら、お前の首にひもを掛ける。

それから彼らは岸を離れ始める。岸から離れるや否や、ともかくも冷たくなり始める。
そこに獣の姉(妹)がやってきて、それを止めさせる。そしてこの宣誓を誓う。”


1.蜘蛛の如きものとは何なのか?
2.お前は私の馬? 馬におなり? なのか? 谷崎純一郎的なフェチなのか関係ないわね。
3.岸から離れて冷たくなる? 
4.獣の姉(妹)とは何を表しているのか?

こういった疑問を全て解いてくれているわけではないが、
Dreaming of Dwarvesの論文の作者、Matthew C.G. Lewisさんはかのようにのたまう。

It shows a depth of understanding of dream psychology that prefigures modern psychiatric techniques; provides clues as to the linguistic, religious, cultural, and folkloric origins of nightmares, and reflects a tradition of shamanism in Old English poetry.


訳してみよう

ここには、現代の心理学的手法を前もって予示するような、夢の心理的解釈の洞察の深さが示されている。悪夢(nightmares)の言語学的、文化的、また民俗学的起源を解く鍵を提示し、また古英語詩におけるシャーマニズムの伝統をも反映するお呪いである。

わけが分らない。

もっとお母さんが言うみたいに言ってください。


このおまじないは、昔のものなのに、まるで今の精神科のお医者さんが使う様な方法をつかっているみたいね。それにこのおまじないの中には、悪夢という言葉がどこからきたか、どんな伝説に関係があるかを知るのに大切なことを言っているのね。このおまじないはまだ呪術師がいたころのものなのだけど、呪術師がこれをどう使っていたかということも興味深い事よね。


と変換してみる。


しかし私のお母さんは関西の人なのでこんな風には言わない。

今の若いお母さん達、ママさん達もこういう言い方はしないだろうと思う。


それはおいといて、もう少し具体的に言うと、Matthew C.G. Lewisさんいわく、これは金縛りに対処するおまじないじゃネーノ? ンダロォ? ということだ。



次からは論文の中身をある程度詳しめに書いていこうと思います。








category: トールキン関連

[edit]

page top

Against a Dwarf その2





アゲインストアドワーフ。続くよ。



現代英訳はウェブでみると幾つかあるが、微妙に違っていたりする。
元の古英語が全て解明されているわけではないので、解釈によって意味が違ってくるらしい。

論文の中ある英訳には(コピペできないのだ)、下記のものが一番近い。



ソースは→http://www.thing.net/~grist/ld/young/ky-chrm.htm


Charm Against a Dwarf

Take seven little wafers, such as those used in worship, and write these names on each wafer:

Maximianus, Malchus, Iohannes, Martimianus, Dionisius, Constantinus, Serafion. Then sing the charm that

is given, first in the left ear, then in the right ear, then over the top of the head. And then let a

virgin go to him and hang it on his neck. And do this for three days. He will soon be better.

A spider-thing came on the scene
with his cloak in his hand; claiming you for his horse,
he put his cord on your neck. Then they began to cast off from land;
as soon as they left the land they nonetheless began to cool.
The beast's sister came on the scene;
she stopped it, and swore these oaths:
that this should never hurt the sick one,
nor any who tried to take this charm,
nor any who should speak this charm.
Amen. Fiat.





簡単に訳してみよう。

「ドワーフ封じのお呪い(おまじないと読んでね)」

礼拝に使うような小さな聖餅を七枚用意しなさい。その聖餅にはそれぞれ下記の名前を書きなさい

Maximianus, Malchus, Iohannes, Martimianus, Dionisius, Constantinus, Serafion.
これから言うお呪いを唱えなさい。最初は左の耳に、それから右の耳に、そして頭の上から。
そして処女を彼の元につかわし、それを彼の首にかけなさい。これを七日行えば、彼はすぐによくなるだろう。

(お呪い)
蜘蛛の如きものがマントを手にやってくる。
お前は私の馬だと言い張りながら、お前の首にひもを掛ける。

それから彼らは岸を離れ始める。岸から離れるや否や、ともかくも冷たくなり始める。
そこに獣の姉(妹)がやってきて、それを止めさせる。そしてこの宣誓を誓う。

これは病んだものを決して傷付けはしない。
このお呪いを受けんとするものを
このお呪いを唱えるべきものを

アーメン 然り



訳してみると論文のものと多少齟齬があるような。

まあいいか。

文中に出てくる

Maximianus, Malchus, Iohannes, Martimianus, Dionisius, Constantinus, Serafion.

これまたやっかいな、とある伝説の中の聖人の名前だ。

「七人の眠りの聖人」でぐぐると当該の伝説が出てくるが、どれも名前まで載ってないな。しかしどんな伝説かは載ってるからご参考になると思う。ともかくだな。

訳と言いつつ英語が残っているのは嫌な気分なのでだね。

マクシミアヌス、マルカス、イオハンネス、マルティミアヌス、コンスタンティヌス、セラフィオン?

……ローマ字読みしただけである。信じてはいけない。

私もこれが正しいと信じてはいない。でもコンスタンティヌスはこれでいいような気がするので少し嬉しい。


今日はここまで。寝るわ~。




category: トールキン関連

[edit]

page top

馬乗りになるドワーフと蜘蛛と金縛りの年:Against Dwarf




トールキン講座メモと読書日誌を合体させたはいいが、接合ままならぬまま放置して久しい。

この際、不条理な合体状態を維持したまま、ゆるくテーマも広範にして断続的にやっていこうと思う。

余は内容の整理がめんどくさい。統一感なんてものは糞でも召しあがってくだされ。



唐突だが、トールキンやベーオウルフ研究で有名(だと思う)なDrout先生はアングロサクソン朗読なんてのもやっている。

その内の一つに実に興味深い古英詩がある。

古英詩というか、お呪いである。


「Against a Dwarf」とゆう。→ http://acadblogs.wheatoncollege.edu/mdrout/category/against-a-dwarf/
しかし、これは一体何のお呪いなのだろうか?

お呪いの呪はのろと読むと丁寧なノロイになってしまうから、ここはおまじないと読んでね。

Drout先生のサイトにテキストは無いがウィキってみると出てくる。

http://en.wikipedia.org/wiki/Against_a_Dwarf

テキストこっち

http://www8.georgetown.edu/departments/medieval/labyrinth/library/oe/texts/a43.3.html

テキストは分った。現代英訳が載っているサイトもある。しかし意味がどこかで行き倒れている。

ウィキの下になにかリンクがある。論文である。

http://athenaeum.libs.uga.edu/bitstream/handle/10724/11287/lewis_matthew_c_200905_ma.pdf?

開いてみると50頁以上の長尺だ。

読もう。

長い。

終わらない。

終わった。


読んだはいいが訳が分らない。

まとめよう。

そうしよう。

とゆーわけで以降まとめていこう。

ヒストリーオブザミドルアースは遺稿。

と思っています。

何回かに分けて。

付け足しもあるよ。

多分ね。






category: トールキン関連

thread: 雑記

janre: 小説・文学

[edit]

page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。