FC2ブログ

ENDOR雑記

束、洋書関連の個人的メモ書き。

11/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./01

アイヤ エアレンディル エレニオン アンカリマ!

こんばんわ

すっかり年末になりました。今年もさやうぇんさんのTolkien Adventに参加しています。
さて、突然ですが今回のテーマはエアレンディルです。

指輪物語では古代の神話のイコンであり、ある人物として読者が認識することはあまりないかもしれません。
エアレンディルは下記のごとく、ただ物語の背景として登場します。


かの女は小さな水晶のびんをかかげました。その手の動きにつれて、びんはきらきら輝きました。そして白い光がその手から発しました。「このびんには、エアレンディルの星の光がわが泉の水に映じたのを集めてあります。そなたの周りを夜が包む時、これはいっそう明るく輝きましょう。暗き場所で、他の光がことごとく消え去った時、これがそなたの明かりとなりますように。」*1

このように、ガラドリエルの玻璃瓶に閉じ込められている光となり、そして、その玻璃瓶を持つフロドがシェロブ退治において放つ、呪文のような言葉にも。

「アイヤ エアレンディル エレニオン アンカリマ!」

なんというか、どっちかというと、神様仏さまエアレンディルさまみたいな感じです。
物語の中でも、空に登ってしまって星になったとありますので、個人というよりは神格化されたものと捉えてよさそうです。

とはいえ、教授にとってはこの「エアレンディル」という名前、言葉は非常に思い入れの深いものであったようです。


まず、このエアレンディルという名前は、教授あるあるではありますが、古英語詩の中から取られていす。

該当部を抜粋してみましょう。

Eala Earendel engla Beorhtast
ofer middangeard monnum sended
おお、エアレンデル、天使らの中にありて光輝きわまりなきもの
人の世に送られて、中つ国の空にかかる*2


これは9世紀の古英語詩人キュネウルフ(Cynewulf)の詩「キリスト」の一節です。

書簡集のN0.297 ラング氏(1967年8月)への手紙の草稿にその思いが綴られています。
まだうら若き頃、初めてアングロサクソンを専門的に学び、上記の詩に触れ、この言葉の美しさにおおいに打たれたそうです。
その手紙の一文を引用しましょう。
――entirely coherent with the normal style of A-S, but euphonic to a peculiar degree in that pleasing but not 'delectable' language.

ざっと訳すと

――アングロサクソンの通常の文体と完全に合致しながらも、特有の音感が美しく喜ばしく、それでいて、「おいしそうな言語」ではない。

という感じでしょうか。'delectable' languageの解釈が難しいのですが、おそらくは、アングロサクソン言語はどちらかというと優美なエレガントなイメージよりも、筋肉質で質実剛健なイメージが強い……というところから来ているのかもしれません。

そしてこの言葉は明らかに一般名詞ではなく固有名詞である、とあり、若き日の教授は想像力を脹らませ、ほぼ直観的に宇宙創生神話の金星を指すのだろうとひらめいたのだそうです。
太陽が昇る前の暁に輝く金星。
そしてこのエアレンディルを主題にして詩を書き、自らの創作「指輪物語」のモチーフとして登場させたのです。

このように若いころの詩作でも、みなさまおなじみの指輪物語でも、神話の中のイコンとしてエアレンディルは神格化されています。
ところがその「シルマリルを額に掲げて暁の空を照らす」エアレンディルが、非常に身近に感じられる、血肉の通ったキャラクターとして描かれている物語があります。

それが、今年の夏刊行された「ゴンドリンの陥落」です。
ここでのエアレンディルは、まだ暁の明星と化した勇敢なる航海者ではなく、まだトゥオルとイドリルの子供としての愛らしい幼子エアレンディルです。それほど出番は多くないのですが、実に可愛らしいエアレンディルが描かれています。

それにしても、エアレンディルという美しい響きを持つ言葉、後に神話のイコンとなるものに、こうした生き生きとした「生身」を感じさせる描写が与えられていることに驚きを禁じ得ません。

この落差というかギャップがトールキンの作品を指輪単体で読むだけではなく、シルマリル、UTそしてHoMeと掘り下げていくうちに、さらに指輪物語やホビットの世界が輻湊化され魅力を増してゆく要因なのだと思います。

『ゴンドリンの陥落』では、エアレンディルだけではなく、グロールフィンデル、エクセリオンといった宗主たちの活躍、失われた都の栄華が、後の物語の枠組みを通して、より鮮明になって立ち現れるように思えます。
指輪物語、ホビットでは遠い昔の伝説が記録され、物語として書き残されていること(とその設定)に驚きと、なにか不思議な感慨を覚えずにはいられません。

今でこそ、世界の創生から作り上げるファンタジーは百花繚乱の趣ですが、先駆者でありながらも、他の追髄をゆるさぬ世界の深さにますます魅入られるばかりのこのごろです。



*1 『指輪物語 旅の仲間 下』「八 さらば、ロリアン」 フロドに玻璃瓶を授ける時のガラドリエルの言葉
*2『J.R.R.トールキン 或る伝記』より






スポンサーサイト



category: トールキン

[edit]

page top