ENDOR雑記

束、洋書関連の個人的メモ書き。

10/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

Confessions of an Ugly Stepsister by Gregory Maguire

http://www.amazon.com/Confessions-Ugly-Stepsister-ebook/dp/B000FC118S/ref=sr_1_13?ie=UTF8&s=digital-text&qid=1268230673&sr=8-13

ジャンル:ファンタジーではない。「1Q84」や「高慢と偏見とゾンビ」等と同じく過去の物語、あるいは作品に手を加えて仕立て上げたものだ。この作品の場合は「シンデレラ」が元になっている。そのうちこうした小説の手法が増えれば適切なジャンルの括りができるかもしれない。
また、純文学というよりも、ずっと親しみやすい感があるので単に「小説」としたほうがいいだろうか。性的な描写はほぼないが、ある程度世界史が頭に入っていないと楽しめない。シニカルな人間観察をじっくりと味わうものなので、子供が読むには向かない。

しかし。実に面白い読み応えのある作品だった。淡々とした、一見シンデレラとは何のつながりもなさそうな物語が進むうちに、まるで異なる二つの絵の輪郭がぴったりと重ねられていくようにストーリが合わさってゆく。その手腕は何とも鮮やかなものだ。
17世紀、イングランドからオランダへと逃げのびてきた寡婦と醜い娘二人を軸に、描き出される人間模様がまた小気味よい。

ラストが少し弱いかとも思ったが、おそらく筆者はもっと人間の醜さを曝け出せるおぞましい結末を用意できたはずだろう。それを回避したところにある種の現代性があるようにも思う。読者に対する思いやりとも取れる。

しかし、この筆者米アマゾンでは非常に評価が高いのに、邦訳された「ウィキッド」の日本アマゾンのレビューが惨憺たる状況なのはどうした訳だろう。下手な作家ではないと思うのだが。
暇があれば邦訳を読んでみようと思う。

評点なんぞ。

読んでしまったクマ~度 ☆☆☆☆☆
もうこの世界に入ってしまいたい。もう現世には戻りたくない度 ☆☆☆
出家托鉢度 なし
梵書度 なし
バスタブ水没度 なし
積んどく度 ☆




category: 読書感想

thread: 読書感想文

janre: 小説・文学

[edit]

page top

« Ballad: A Gathering of Faerie by Maggie Stiefvater  |  World of Warcraft ARTHAS by Christie Golden »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mithrim.blog100.fc2.com/tb.php/10-c81b0f60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。