ENDOR雑記

束、洋書関連の個人的メモ書き。

07/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

GW終わった。後半は草を毟っていた。Against a dwarf 5 まだまだ続いている。


さて、今回は「悪夢」についてである。

バランガバランガ

それは悪魔くん。


エロイムエッサイムエロイムエッサイム 

OPを貼りたくなるが、それはぼくらの悪魔くんだ。



中世ヨーロッパでは、悪夢をどのようにとらえていたのか?

現代で悪夢を表す“nightmare”は、古英語のmaraから派生した言葉であるという。

語源については異論があるようだが、インド-ヨーロッパ語族の語根のmr(粉砕する、moros(死)、mer(追いだす)、mar(叩く、殴る、壊す)等に関連すると考えられている。

中世の“mare”は、現代のものより狭義であって、「夜にやってくる、形を変える、悪魔的な何か」を指していたらしい。いわゆる夢魔ですな。辞書にもそうでてますな……。

スノッリ・ストルソンのユングリングのサガに出てくるValandeの妻、Drivaがそのいい例だ。彼女はValandeに捨てられてHuldという名のwitch-wifeになり夫に復讐する。

下記、現代英語訳からの引用

when he(Valande) had slept but a little while he cried out, saying that the Mara was treading uopn him.

(一応訳:彼(Valande)は眠っていたが、しばらくして叫び声を上げた。Maraが彼を踏みつけているというのだ)

ここには、眠っている人の上に乗り、その人を苦しめるという“mara”の特徴が如実に表れている。この“mara”とは、エルフであったかもしれないし、ドワーフであったかもしれないが、ともかくそうしたあまり宜しくない想像上の生き物であることに間違いはないでしょう。


そうでせう。

こうした古いゲルマンの魔性を持つ生き物は、キリスト教の傘下に入るやいなや、悪魔側に分類され、サキュバス、リリスといったヘブライ的神話の特徴を持つようになる。それまでは単純に体に害をなすものだったとゆーのに、魂を脅かすーデーモン的特性が付加されてしまったのであった。


以下はうぃきのエルフの項目から、わかりやすいので引用しておく。


ドイツの民間伝承では、エルフへは人々や家畜に病気を引き起こしたり、悪夢を見せたりする、ひと癖あるいたずら者だとされる。ドイツ語での「悪夢(Albtraum)」には、「エルフの夢」という意味がある。より古風な言い方、Albdruckには、「エルフの重圧」という意味がある。これは、エルフが夢を見ている人の頭の上に座ることが、悪夢の原因だと考えられていたためである。ドイツのエルフ信仰のこの面は、スカンジナビアのマーラに対する信仰に一致するものである。それはまたインキュビとサキュビに関する信仰とも似ている[16]。


それからマシューさんは、ヨーロッパ諸国の“nightmare”を列挙していらっさる。



ノルウェー nightmare mareritt
ドイツ         nachmerrie
フランス        cauchemar(to tread on という意味のcaucherから派生)
ポーランド       zmora
クロアチア morica
セルビア m?re
チェコ         muera
ロシア         kikimora
アイスランド martr?d(to squeezeと言う意味のtrodaから派生)

?とかは、文字化けね。アクサンとか出ないのよ。  

インド・ヨーロピアン語に属する言語は、大体“mara”的な要素がnightmareを表す言語に入っていて、“nightmare”は、「睡眠者の上に乗って悪さをする想像上の生き物である」ということに大体の一致が見られる。

と、いうことかな。多分そうだとしておこう暫定的に。


マシューさんは『指輪物語』のゴクリにも“nightmare”的な要素があるという。

The woodmen said that there was some new terror abroad, a ghost that drank blood. It climbed trees to find nests; it crept into holes to find the young; it slipped through windows to find cradles

旅の仲間で、ガンダルフがフロドにゴクリのことを説明している長セリフの一部。闇の森エルフから逃れて彷徨うゴクリのことを、森人がこのように噂しているのだ。

それにしても、邦訳がどっかいったわ。瀬田せんせーの 瀬田せんせーの

うううう。どっかにあるはずだから出てきたらあとで邦訳追加しよう。


しかしこれ、いま読み返してみると、ゴクリがまるで吸血鬼のようじゃないか。あの血色わるそうな、ヘモグロビンはどこにいったのかという体ならば、多少の血をあげてもいいんじゃないか赤十字。

それはともかく、夜中に部屋に入ってくるところが実に“nightmare”だとマシューさんは言いたいようだ。

いや、こなくていいよゴクリ……。





category: トールキン関連

[edit]

page top

« まだ続いている。終わらない。 Against a Dwarf 6  |  GW中盤ですが、ドワーフどうでしょう的な Against a Dwarf 4  »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mithrim.blog100.fc2.com/tb.php/105-327a2636
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。