ENDOR雑記

束、洋書関連の個人的メモ書き。

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

Against a Dwarf 7 続き


ブログしばらく書いてなかった。一日終わって、オンライン主婦のおしごとが終わらない。
終わってそんで寝てしまう。寝てしまう。


たぱたぱたぱたぱたぱ


たぱたぱた



まあいいわ。続きいこう。


前回の睡眠障害(金縛り)についてまとめると。

1.睡眠サイクルは、レム睡眠とノンレム睡眠のサイクルが乱れて睡眠障害となる。

2.レム睡眠をオフにする細胞が、リアルな夢を見るというところに関わっている。

3.加えて、小脳扁桃が恐怖感に関わっている。

ぐらいか……。


しかし窒息感、圧迫感の説明が欠けていたのだった。

これには、小脳扁桃で生じた、「闘争―逃走反応」によって、threat-activated-vigilance-system(適切な訳語が探せませんが、訳し下すなら「脅威にさらされている感覚が呼び覚ます警戒系統」か?)が呼び覚まされ、(リアルではないが)迫りくる危険をよりよく感知するために、些細な周囲の刺激を拾うようになるらしい。そして高次の脳がその些細な刺激を肉体に及ぶ脅威と捉えてしまった結果、

「首を絞められている、胸を押し潰されている、性的な暴力を受けている」

感覚が生み出されるという。


これが金縛りちゃんである。

現代において、ここまで解明されてるんだから、当然、治療法もある。マシューさんの論文は親切ですね。いろいろ言及なさっている。

でもここでは割愛いたします。本題から逸れ過ぎる。周回カーブ、コースから逸れた! おーっと壁に激突! 大丈夫か? 大丈夫か? いや、ホンダF1復帰おめでとう。


ともかく「金縛り辛い! この苦しみから逃れたい!」と悩んでいらっしゃる方は、


ぐぐってね……(遠い目)。

まあ、もんのそい簡単に言うと、睡眠障害には現在、様々な治療法があり、その一つとして、患者に「自己暗示を掛けさせる」療法があるということだ。

そして本来のテーマである、「Against a Dwarf」

このお呪いがそうした金縛りを封じるものだとすれば、

昔のアングロサクソンのシャーマンは、この現代の療法を先取りしたような形で、睡眠障害を治療していたことになるのだよ、

というのがマシューさんの主張です。


そんで本体(Against a Dwarf)の内容が分析されている。何故か短いんだけどさ。

本体は前文とお呪いの二つに分かれているので前文からいきませう。


Charm Against a Dwarf

Take seven little wafers, such as those used in worship, and write these names on each wafer:

Maximianus, Malchus, Iohannes, Martimianus, Dionisius, Constantinus, Serafion. Then sing the charm that

is given, first in the left ear, then in the right ear, then over the top of the head. And then let a

virgin go to him and hang it on his neck. And do this for three days. He will soon be better.

拙訳

「ドワーフ封じのお呪い」

礼拝に使うような小さな聖餅を七枚用意しなさい。その聖餅にはそれぞれ下記の名前を書きなさい

Maximianus, Malchus, Iohannes, Martimianus, Dionisius, Constantinus, Serafion.
これから言うお呪いを唱えなさい。最初は左の耳に、それから右の耳に、そして頭の上から。
そして処女を彼の元につかわし、それを彼の首にかけなさい。これを七日行えば、彼はすぐによくなるだろう。


ここに出てくる七人の名前は眠りにまつわる聖人伝説に出てくるものだ。というのは前に説明した。

VirginはVirgin Maryだろう。そして聖餅が出てくる事から、これはキリスト教的な要素が強いことがわかる。

しかし、ドワーフ自体は北欧ゲルマンの神話体系に属するので、この前文は、古いゲルマン的呪術のお呪いに対して、キリスト教的な蔽いを掛けるために付けられたものだろうと推測できる。



前文はこんくらい。そしてお呪い、

は、次回にする。


長くなるし~。そっちの方がメインだし~。


ではではにょろ~ん。






category: トールキン関連

[edit]

page top

« 六月は春の終わり。 Against a Dwarrf その8  |  まだ続いている。終わらない。 Against a Dwarf 6 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mithrim.blog100.fc2.com/tb.php/108-771e995d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。