ENDOR雑記

束、洋書関連の個人的メモ書き。

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

Against a Dwarf その9




さておき、さておき、

これまでドワーフのおまじない、“Against a Dwarf”に関するマシューさんの論文を長々と説明してきたわけですが、

またしてもここで論文かよというか、


http://www.thefreelibrary.com/Dwarves,+spiders,+and+murky+woods%3A+J.R.R.+Tolkien's+wonderful+web+of...-a0242509655

とゆーのがあって

これが題名からして、“Dwarves, spiders, and murky woods: J.R.R. Tolkien's wonderful web of words”.

で、トールキン好き様方ならばちょっと読んでみたくなるような題名でしょう。割と短いんで読んでみてww


ここでのポイント:束教授は、おそらくAgainst a Dwarf のお呪いも、蜘蛛とドワーフの関連性も知っていただろうというところ。

ホビットにしろ、指輪物語にしろ束教授はドワーフにある種の親しみを持っていたご様子が伺えるが、その一方で、蜘蛛は大嫌い。

そんな教授が蜘蛛とドワーフの関連性を知った時のお気持ちは、察するに余りある。

数々の作品に敵役として度々登場する、シェロブ、ウンゴリアント、しゃべる大蜘蛛……。

ドワーフさんたちが蜘蛛の糸でぐるぐる巻きにされ、フロドもぐるぐる巻きにされ、メルコールも、メルコールも、ウンゴリアントにロックかまされて絶叫してるんだが……これだけ何か違う感漂いまくっているな。

只管に巨大でグロテスクで、理性も知性もある程度持ち合わせてはいるが、それらは欲望に隷属し、繁殖力が半端ない。教授の竜が時折有しているある種の精神性も乏しいように思える。

それらは敵側と言うよりも、原初の闇に属する化け物だ。

だが、一方で蜘蛛とドワーフの共通性とされる技巧。それが生み出す蜘蛛の巣のモチーフは、闇の勢力に属するだけでなく、他の種族が技が生み出す様々なモチーフにも与えられているように思える。


例えば、ミスリルの鎖帷子

“It was close -woven of many rings, as supple almost as linen, cold as ice, and harder than steel. It shone like moonlit silver, and was studded with white gems.”

この描写はどことなく朝露を纏った蜘蛛の巣を彷彿とさせないだろうか?

エルフのロープ、ヒスラインのロープも、どことなく蜘蛛の糸を思い出させる。

“Slender they looked, but strong, silken to the touch. grey of hue like the elven-cloaks.

またビルボの手書きの文字は悪筆で、
“When he wrote himself it was a bit thin and spidery."

とある。

束教授の頭に、蜘蛛とドワーフの言語学的、民話的関連性が念頭にあったのなら、こうしたモチーフに蜘蛛の巣の特性を付与した意図は何なのだろうか?


ドワーフ、エルフを闇の種族ではなく、光(というかメルコールと敵対する側)にしたのは、教授の独自解釈である。

これは、エントのアイゼンガルド襲撃が、シェークスピアのマクベスに対するアイロニーであるのと同様、エルフやドワーフを闇の側に落としめてしまった“寓話”、“メルヒェン”に対するアイロニーではないかとわたしは思う。勿論それが全てではなくて、そういう一面もあるんじゃないかという事だけど。

蜘蛛を徹底的に敵役とし、ドワーフを光の側に組み入れることで、束世界のあるべき種族構成を確立する。その上で、それぞれの善なる種族に蜘蛛の巣の持つ(どちらかと言えば美的な)側面を忍ばせる。蜘蛛の優れた技巧は、ドワーフのみならず、エルフにすら通じる。

とするならば、束教授はなんと巧妙な作家だろうかと今さらながら驚くのだ。

専門とする文献学、言語学から得られたモチーフとその特性をそのままに使う事はない。反語的な使い方をするかと思えば、その歴史を忍ばせる要素をひそかに付加する。独自のあるいは稀有とも言える偏向。その偏向特性が時には水の入ったコップのように、光を分け美しい虹を作り、読者を幻惑する。



ただ単純に、庭仕事している時とか、ふと朝露の散った蜘蛛の巣を見て単純に美しいなと感嘆したのかもしれないけれどね。蜘蛛は大嫌いでも、ああこれはきれいだなと思ったのかもしれない。




ではではAgainst a Dwarfシリーズ(なのか?)これにてお終い。

ナマーリエ!








category: 読書感想

[edit]

page top

« 1937年12月16日の手紙より……:トールキンはケルトがお嫌い(@_@)??  |  六月は春の終わり。 Against a Dwarrf その8 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mithrim.blog100.fc2.com/tb.php/110-343d074d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。