ENDOR雑記

束、洋書関連の個人的メモ書き。

10/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

Changeless by Gail Carriger

http://www.amazon.com/Changeless-Parasol-Protectorate-Gail-Carriger/dp/0316074144
ジャンル ファンタジー/ホラー 

大好評を博した『Soulless』の続編。本の背表紙には上述のジャンルが記載されているが、基本コメディ。大人向け。

この人の魅力は軽妙洒脱でちょっとクラシカルな文章だ。一例を挙げると、

"Alexia, did you know there is an entire regiment decamping on your front lawn?"
Lady Maccon sighed. "Really, Ivy, I would never have noticed"

上記はヒロインと親友の会話で、二人はヒロインの自宅の玄関口に立っている。玄関の前には(色々訳ありで)兵士たちがごろごろところがっている。そういう中での会話だ。 "Really, Ivy, I would never have noticed"が効いている。洗練されたユーモアとでも言おうか。
だからそもそもあまりストーリー展開には期待していない。『Soulless』の時も設定を捻りすぎている感があったが、今度はこれ一冊では完結せず、もう出版が予定されている『Blameless』に続くため、さらなる工夫が凝らされている。正直言ってそこまでドラマを仕立上げる必要があるのか疑問だが、これが次の購買を狙うための戦略なのか、はたまた筆者が大がかりな設定を好む傾向にあるのかはちょっと不明。また、前回と同じくヒロインがSoullessであることの特徴がほとんど消失しまっている。筆者もたまに思い出すようで言い訳くさい部分が出てきたりする……いいんだろうか?

ともあれ読んで楽しい一冊であることには間違いない。Gail Carrigerはスチームパンクに精通しているらしく、彼女のHPにはスチームパンクに特化したページがある。→ http://www.gailcarriger.com/steampunk.php

評点なんぞ。
読んでしまったクマ~度 ☆☆☆☆
もうこの世界に入ってしまいたい。もう現世には戻りたくない度 ☆☆☆
出家托鉢度 なし
梵書度 なし
バスタブ水没度 ☆☆☆
積んどく度 ☆


category: 読書感想

thread: 読書感想文

janre: 小説・文学

[edit]

page top

« The Male Brain by Louann Brizendine  |  Abraham Lincoln: Vampire Hunter by Seth Grahame-Smith »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mithrim.blog100.fc2.com/tb.php/13-b83a387f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。