ENDOR雑記

束、洋書関連の個人的メモ書き。

10/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

The Male Brain by Louann Brizendine

http://www.amazon.com/Male-Brain-Louann-Brizendine-M-D/dp/0767927532

ジャンル:ノンフィクション/サイエンス

2006年に出版された『the Famale Brain(未読)』の後続本らしい。男性の脳がいかに女性の脳と異なるか、また一生を通じて、どのように変化していくのかを、一般向けに楽しく分かりやすく解説してくれる。

具体的な実例の数々は、子供、特に男の子を持つ母親ならばうんうんと深く頷きたくなるものばかりだろう。何故こんなに落ち着きがないの? 乱暴なの? 言う事を聞いてくれないの? もうホント理解できない! と育児を、躾を放り出したくなる時、これを読めばかなり心が落ち着くかもしれない。

男性の脳の発達、変化に応じて章立てがしてあり、それぞれが実例→医学的データ/研究の紹介→個々のケースへの落とし込み、という構成になっている。そして、そんなに悩むものではないわ、そういう仕組みになっているのよと結論付け安心させてくれるのだ。なので、複雑な問題を解きほぐしたり、なんらかの症例に対して治療法を示すものではないのだ。

さらには、どのケースも一般的な事例に限定されているので、極端なケース、つまり家庭や人格が酷く破壊されているといった場合はこの本の範疇外となる。また、読者はネット等である程度遺伝子の発現が環境にどれほど左右されるものかをさらっておいたほうがいいかも知れない(この本から得られた情報がすべての男性に当てはまるのだなどと決めつけないために)。

こういうのは評点付け辛いのだが。つーか無理があるんだけどまあいいや。

読んでしまったクマ~度 ☆☆☆☆☆
もうこの世界に入ってしまいたい。もう現世には戻りたくない度 なし
出家托鉢度 ☆☆☆
梵書度 なし
バスタブ水没度 なし
積んどく度 ☆☆

category: 読書感想

thread: 読書感想文

janre: 小説・文学

[edit]

page top

« Impossible by Nancy Werlin  |  Changeless by Gail Carriger »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mithrim.blog100.fc2.com/tb.php/14-52940c21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。