ENDOR雑記

束、洋書関連の個人的メモ書き。

06/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

Wilde Stories 2009: The Year's Best Gay Speculative Fiction

http://www.amazon.com/Wilde-Stories-2009-Speculative-Fiction/dp/1590210808
ジャンル:gay speculative fiction
日本では該当のジャンルはないようだ。ネット探してみてもこれと思える用語は見つからない。日本だと男性同士の恋愛物はたいがいジュネ、ボーイズラブ、腐女子対象の二次創作であり、書き手が女性なら読み手も女性だ。海外にも主にファンフィクといわれる二次創作の中に、腐女子向きのスラッシュというジャンルがある。

だが、それとは別に海外ではLGBT literatureというレスビアン、ケイ、バイ、トランスジェンダーを扱うジャンルがある。この一冊はその中のゲイジャンルであり、中でも、supeculative fiction(SFやファンタジーを包括してこう呼ぶらしい)の掌編を集めたものらしい。書き手も編集者も、ゲイかどうかまでは分からないが男性である。
だがら日本の腐女子の方にとっては、ああそこは萌ツボじゃない。そこじゃないのよと落胆するところが多々あるだろう。例えば、美男子に「やぎひげ」がついていたりとか、カップリングが宦官と小人だったりとか。

不思議な事に共通項もある。それは「やおい」つまり、やまなし、いみなし、おちなしの作品が多い事だ。もちろん短いながらもきちんとした構成を持つ作品もある。が、基本「雰囲気至上主義上等」であり、何を語らんとするかなど根本どうでもいい。ホラーっぽいもの、イスラム風のもの、現代物とバラエティに富んではいるが全体的には落ち着いたトーンで統一されている。編者のセンスが良いのだろう。2008年に最初のエディションが出版され、2010年までシリーズが続いているということは、多分に好評を博していると推測できる。夏の休日に読むには悪くない。

評点
読んでしまったクマ~度 ☆☆☆☆
もうこの世界に入ってしまいたい。もう現世には戻りたくない度 ☆☆☆
出家托鉢度 ☆
梵書度 ☆☆☆
バスタブ水没度 ☆☆☆
積んどく度 ☆☆☆

category: 読書感想

thread: 読書感想文

janre: 小説・文学

[edit]

page top

« The Hundred Thousand Kingdoms by N・.K・Jemisin  |  Wicked and A Son of witch by Gregory Maguire »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mithrim.blog100.fc2.com/tb.php/21-92647136
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。