ENDOR雑記

束、洋書関連の個人的メモ書き。

06/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

チャリオンの影、影の棲む城 by ロイス・マクマスター・ビジョルド

『チャリオンの影』
2004年ミソピーイク賞受賞
『影の棲む城』
2004年ヒューゴー、ネビュラ、ローカス三賞受賞

出版元の便概
http://www.tsogen.co.jp/wadai/0612_01.html


ビジョルドは軍事SF 『ヴォルコシガン・サガ』シリーズで名を馳せた作家だそうだ。この五神教シリーズはいわゆる異世界ファンタジー。手練感濃厚なストーリーテリングで物語の勢いにぐいぐいと引き込まれる。ファンタジーというより、むしろオカルト色の強い歴史ロマンスを読んでいる気分。なんでも中世スペインをモデルに構築したとのこと。なるほど納得である。

『チャリオンの影』の主人公カザリルは、政治的な陰謀の犠牲になり辛酸を舐め尽した中年おっさんで実に魅力的。決して英雄ぶることのない、分を弁えた大人の男っぷりには思わず口元が緩んでしまった。彼が指輪物語のアラゴルン並みに活躍してくれると思いきや、これが腹に魔を孕んでしまうのだから面白い。中盤からは妊婦よろしく膨らんだ腹を抱え、時にはその痛みに呻きながら苦境を乗り越えていく。……おお、なんと素晴らしいことか。

そんな傑作な本作品の中でも、思わず拍手喝采したくなった一文を引用しよう。

――カザリルは激痛をこらえた。その夜、数日ぶりに下血があり、夜毎のドント(彼の腹にとりついている霊の名前)の恋歌はひときわ破壊的だった。

大丈夫か? 私は彼がいつ股を開いてヒーヒーフーと唸り始めるだろうかとはらはらし通しだった。もちろんそんな出産シーンはなく、無事大円団となって終わるのだけれど。

そんな訳で怒涛の如く『影の棲む城』へ。
こちらは前作でおとなしく脇役を演じていたイスタ国太后が主役となっている。前作同様、神様やら魂やらとスピリチュアルなネタを手を変え品を変えつぎ込んでは、読者を飽きさせることがない。『チャリオンの影』はお家騒動を絡めた国家陰謀を巡る活劇だが、こちらは同じお家騒動でも、もっとドメスティックな愛憎劇が繰り広げられている。ハーレクイン的な要素もちらり。

大体はそんな感じで、重厚な描写の割に胸にくる重さもあまりないのだが、筆者が巧みな語り部であることは間違いない。うねる大河となって流れる物語の底には、時にアガサ・クリスティにも通じる冷徹な女性の観察眼が透けて見える。そうした揺るぎない視点が、語り手への信頼感を読者にもたらしているのだろう。



category: 読書感想

thread: 読書感想文

janre: 小説・文学

[edit]

page top

« A Lion Among Men by Gregory Maguire  |  Mercury Falls by Robert Kroese »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mithrim.blog100.fc2.com/tb.php/32-d9e009ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。