ENDOR雑記

束、洋書関連の個人的メモ書き。

06/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

オンライントールキン講座 受講メモ6 (1)イングランドの神話についての関連資料

*Bascomによる「The Forms of Folklore」
・Myth ・ Legend ・ Folktale
上記の概念の定義を明確にするための論文。やたら長いです。色々と細かいことが書いてありますが、それぞれ日本語の「神話」、「伝説」、「民話」の概念に相当するものと解釈してほぼ問題ないような気がします。

*Benedict Andersonによる「Imagined Communities(抜粋)」
「想像された共同体」とでも訳せばいいのでしょうか?
国家とは、想像上の政治共同体である、と定義するものみたいです。昔、サブカルチャー的な雑誌を読むとよく「共同幻想」だの、吉本隆明だのというのが出てきました。(読んでませんが)
なんか関係あるんでしょうか?

*Hobsbawmによる「Invented traditions' in history(冒頭部分)」
伝統的な儀式や象徴は、近年になって造られたもの、あるいは再構成されたものが多いということ。

*MacphersonのOssian詩の偽造について
スコットランドの詩人マクファソンが、オシァン詩を偽造した件について書かれてます。
日本語でこの件に関してかいてあるサイトを見つけました。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~moonover/2goukan/oisein/index.htm#under
http://www5b.biglobe.ne.jp/~moonover/2goukan/oisein/pres.htm

*IoIo Morganwgの人生について
ウェールズのエドワード・ウィリアムズ(IoIo Morganwg イオロ・モーガヌッグ))について書かれています。
今はウェールズで国家的な伝統行事となっているゴルセッズの創始者らしいです。
日本語で説明してあるサイト
http://aitech.ac.jp/~yoshiga/WALES/eisted.html

*ウェールズにおけるアイステッヅヴォッドの伝統儀式
上記のサイトで参照できます。

*Michel Branchの「カレワラ」の記事の紹介
カレワラの概要が書かれています。
「カレワラ」は、日本では小泉保の邦訳が岩波文庫から出ています。この邦訳には成り立ち等も書かれてあるので参考になります。
余談ですが、去年12月に読売ホールで新田ユリさん(だったっけ)指揮のオケがあって、シベリウスのクッレルボ(カレワラの一部)を演奏されてました。このオケの前に小泉さんが少しカレワラについて講演されてて、面白かったです。演奏も素晴らしかった。

もう一人、女性の方(名前忘れました)がやはりカレワラについて講演されていたのですが、彼女によると、カレワラの素材として集めた中には、フィンランドではなく他の地域から収集されたものが結構あるらしいとの事でした。政治的な内容も含まれていたようなので、あまりよく分らないのですが。

*シッピーによる論文「トールキンとアイスランド」

これもものすごく長い論文なのですが、結論的には、

トールキンは、「現代(トールキンの生きている時代の現代)のアイスランド語と、北方言語(北欧の言語)は、古くは同じ言語であった。そして、同じ言語であった元の言語とは、まさしくアングロサクソン言語である古英語なのだ。だから、アイスランドの神話や、北欧神話を古英語で書けば、それがイングランドの神話になるはずだ」と考えて、アイスランドや北欧神話を元にイングランドの神話を書こうとした。

という、凄いものなんですが、実際にホビットやシルマリルの中に出てくる名詞を例に挙げて細かく説明されるとなんか納得してしまいます。

凄いなシッピー!!

長くなったので続きます。

category: トールキンオンライン講座 第三週

thread: 勉強日記

janre: 学問・文化・芸術

[edit]

page top

« オンライントールキン講座 受講メモ7 (2) トールキンの神話プロジェクトに関する関連資料  |  オンライントールキン講座 受講メモ5 第三週 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mithrim.blog100.fc2.com/tb.php/57-2f5bc26e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。