ENDOR雑記

束、洋書関連の個人的メモ書き。

08/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

3  ベオウルフとドラゴン関連資料



*Sacred TextにあるFrancis B. Gummereによるベオウルフの英訳の一部
読んでません。
ベーオウルフに関してはThaunさんの、Rivendellのサイトに詳細が書かれています。とても参考になります!

*Sacred TextにあるHenry Adams BellowsによるFafnismalの英訳
読んでません

*Dr. Alaricによる「The Lord of the Rings and its Medieval Origins」の講義
半分ぐらい読みました。

ところで、「Sacred Text」というのは下記のサイトにある文献のことを指して言ってるみたいです。
http://www.sacred-texts.com/
膨大な量の神話や民話がアーカイブされています。日本語でこれがあったらどんなに素晴らしいことか、悔やまれてなりません。古すぎて著作権がないものも一部あるので、そういったものは引用したりダウンロードしたりできるようです。

そしてこのサイトの中にトールキンの項目がありました。
http://www.sacred-texts.com/ring/index.htm
トールキンの作品はもちろんなくて、関連するベーオウルフや、古英語の資料が集められています。

ともかくこれらの文献を読んでいたら、講義にまったく追いつけなくなるので、時間が出来た時に読もうと思っています。恐ろしいことですが、もう5週の後半に入っているはずです。私今これ書いてますねえ…。がんばって追いつきます。

いろいろ抜かしてますが、四週目まとめとして、

トールキンの作品の中には、さまざまな北欧関連の素材を見つけ出すことが出来る。
特に、ローハン関連は、ベーオウルフの中に描写されるアングロサクソンを意識したものであること。
また、トールキンは竜に特別な関心を抱いていたこと。
特に、ウィリアムモリス英訳によるヴォルスンガ・サガのシグルドとファフニールの会話はトゥーリン・トゥランバールに影響を与え、
Younger Eddaの一つである、「Fafnismal」のシグルドとファフニールの会話は、ホビットに影響を与えている。

読み比べてみると、似てる!!と思います。
特に「ホビット」は、スマウグとビルボの掛け合いの会話のところです。

それと、余談ですが、「バイキングの伝統」では、死者は呪術的な力を持っていて、睨まれたりすると呪われたり、災いがふりかかると思われていたそうです。だからご臨終の方がいらっしゃったら、背をむけたまま近づいて、目と口と鼻腔を閉じたらしい。

グラウルングが死に際に、側にいたトゥーリンに重大な力を及ぼしたことも、こうした要因を意識したものかもなあと思いました。




category: トールキンオンライン講座 第四週

[edit]

page top

« 第5週 トールキンとケルト  |  オンライントールキン講座 受講メモ12 BBCのアダム・トールキンのインタビューHTTP訂正 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mithrim.blog100.fc2.com/tb.php/64-eefc07c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。