ENDOR雑記

束、洋書関連の個人的メモ書き。

10/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

3 さらなる影響、トールキンとスペンサー、ミルトン関連資料



*スペンサーの紹介、「妖精の女王(Fearie Queene)」や他の詩
スペンサーはシェークスピアと同時期のイングランドの詩人です。やはりシェークスピアと同じくトールキンはこの詩人を嫌っていたそうです。有名な「妖精の女王」はエリザベス女王一世に捧げられたもので、未完にもかかわらずかなりの成功を収めたそうです。
スペンサーが「妖精の騎士」をエルフと表記したことに対し、それが妖精の本来の伝統であると肯定しながらも、トールキンは彼の書いたものは(トールキンの嫌う)寓話であるとして、嫌ったとのことです。
シッピー氏は、指輪物語の「エルロンドの御前会議」の章でビルボがくちずさんだ詩は、「妖精の女王」に出てくる魔法使いマーリンの予言からの影響がみられることを指摘しています。

*Zach Watkinsの論文「Satan and The Silmarillion: John Milton's Angelic Decline in J. R. R. Tolkien's Melkor」

ミルトンはそれより後の作家です。「失楽園」が有名です。トールキンがミルトンを名指しで嫌ったような記録はないのですが、シッピー氏はおそらくトールキンがあまり好かなかった作家として分類しています。ミルトンはプロテスタントであり、トールキンはカソリックであることも一因なのでしょう。
ですが、ミルトンが「失楽園」で示した善きものの堕落といったテーマは、トールキンが作品の上でも、また人としても重要視した主題だったのです。

Zact Watkinsの論文では、「失楽園」の堕落した天使、サタンと堕落したヴァラ、メルコールの共通点に注目しています。また、「失楽園」の序説を書いたC.S. ルイスの影響も少なからずあるだろうとしています。
私も去年ぐらいに岩波文庫の邦訳を手にしたのですが、サタンとメルコールがよく似ていることに驚きつつ読んでいました。

category: トールキンオンライン講座 第六週

[edit]

page top

« 第七週 トールキンの言語: Secret Vice  |  2 トールキンとシェークスピア 関連資料 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mithrim.blog100.fc2.com/tb.php/74-e10a8a1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。