ENDOR雑記

束、洋書関連の個人的メモ書き。

08/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

4 中つ国の文字 関連資料

今回は文字についてです。遊びの要素が入っていて楽しいです。

関連資料
*Ostadanによる「The Letters of Middle-earth」 
テングワールとキアスの書き方。
この資料ではテングワールとキアス文字の綴り方について解説しています。フォントを配布しているサイトも紹介されていて、とても実用的(?)です。面白かったのが、テングワールの綴り方。母音は子音の上のテフタールで表わされるのですが、それ以外にも母音を別の字で表わす「完全文字化」というのもあるのですね。

西門の銘がその「完全文字化」で書かれたものだそうです。指輪物語の追補篇にもこの「完全文字化」は少し書かれているのですが、読んでもよく理解できないままにしていた部分なので、今回理解できてよかったです。そしてテングワールは表音文字なので、わりとどんな言語でもローマ字表記のように表わせるらしいです。とは言え、子音がどう日本語の子音と対応しているかよくわからないので、実際どんな風にやればよいのかは分りません…。


あとはキアス文字。
ここではゲルマンのルーン文字とキアス文字の関連性について述べています。

*ルーン文字についての資料
これはゲルマンの様々なルーン文字を紹介するものでした。
日本語のサイトではこちらが詳しいと思います。
http://www.runsten.info/index.html(無断リンクすみません)

トールキンはキアス文字とルーン文字の関連について言及していないのですが、「ホビット」では基本的にアングロサクソンのルーン文字を使用しています。しかし「指輪物語」のキアス文字は、ルーン文字に似ているとはいえ、トールキンが創作したものです。この矛盾について、トールキンは「The resultant discrepancy must be answered by saying that both kinds were used in Middle-eaarth(結果として生じた食い違いに対する答えとしては、中つ国には2種類のキアス文字が使われていた、という事になる」
と説明しています。「ホビット」はトールキン神話とは別の話として書かれていたものだったので、その続編の指輪物語を神話と結びつける際、ルーン文字そのままを使うのはまずいと思ったのでしょうね。

ちなみにウィンドウズ用のトールキンのフォントがあるサイトが
http://www.acondia.com/fonts/index.html
で、マッキントッシュ用が
http://babel.uoregon.edu/yamada/fonts/tolkien.html
です。



category: トールキンオンライン講座 第七週

[edit]

page top

« 第八週 中つ国と現代の人種主義人類学(Racial Anthropology)  |  3 社会言語学と翻訳理論 まとめのようなもの »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mithrim.blog100.fc2.com/tb.php/79-fe98f4ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。