ENDOR雑記

束、洋書関連の個人的メモ書き。

10/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

第十週 トールキンと現在、トールキンの作品の文学的な位置づけ

第10週 です。

トールキンと現在、トールキンの作品の文学的な位置づけについてです。

1 トールキンの作品とその後
関連資料
*ビードルズが製作を計画していた指輪物語の映画の紹介
*トールキンの作品にインスピレーションを受けた音楽をリストしたサイト
*アラン・リー、ジョン・ハウ、テッド・ネイスミスのサイト
*Ethan Gilsdorfによる「トールキンとコマーシャリズム」に関する記事

2 トールキンとCanon
関連資料
*初期の「指輪物語」に対する書評
*デイリーテレグラフに掲載されたシッピー氏の記事

3 トールキンとスカラーシップ
*Drout氏とHilary Wynne氏による「Author of the Century」へのレビュー
*Tolkien Scholarshipに関するDrout氏と読者のQ&A

4 指輪物語のドラマ化
*指輪物語のラジオドラマを紹介するサイト
*Universitiy of Aberystwythが始めたLOTRのリサーチプロジェクトを紹介するサイト
*シッピー氏によるPJのLOTRに関する記事

最後の週は内容が盛りだくさんです。今までの神話や古典を中心に据えた話題からずっと若返った(^^)ものになっています。ですが関連資料には…やはりFimi先生のこと、シッピー氏やDrout氏の記事が多く手強いものになっていました。  …全部読めてないのですよ。

category: トールキンオンライン講座 第十週

[edit]

page top

« 第十週 1 関連資料  |  4 結論 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mithrim.blog100.fc2.com/tb.php/89-d234fea1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。