ENDOR雑記

束、洋書関連の個人的メモ書き。

10/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

4 指輪物語のドラマ化 関連資料



トールキンの作品はラジオや映画など様々なメディアでドラマ化されています。最初に作られた指輪物語のラジオドラマは1955-56年に製作されたものですが、トールキンはあまり気に入らなかったみたいですね。

ラジオドラマ以外にも、トールキンの生前にアメリカの映画製作会社からアプローチがありました。ストーリーライン(プロット)がトールキンに送られたのですが、これはトールキンにとってまったく意に添うものではなかったようです。このストーリーラインに対する文句は、映画製作会社の代理人であるForrest J. Ackermanに宛てた手紙の中に山ほど書かれています。
1978年に製作されたバクシ版のアニメもあります。当時のファンの受けは良かったようですが、話が中途半端で終わっているのが残念なところです。私も見たことがありますが、現代の日本的なアニメとはまったく違うところが以外と良かったりしました。

関連資料
*指輪物語のラジオドラマを紹介するサイト
BBCラジオによる第二作目。トールキンが気に入るといいですね。

*Universitiy of Aberystwythが始めたLOTRのリサーチプロジェクトを紹介するサイト
ウェールズにある大学の主催によるもので、PJのLOTRを見た人を対象にアンケートを行い、その傾向を分析するプロジェクト。

*シッピー氏によるPJのLOTRに関する記事
これを読む限り、シッピー氏はPJの映画に対して好意的な感じですね。
最後の一文を引用すると、“Peter Jackson has inevitably built up the action scenes and straightened the tangled threads, but the message survives the change of medium.”
「ピータージャクソンはアクションシーンを構築し、(物語の)もつれた糸をときほぐした。さらには、メディアの違いにかかわらず(トールキン)のメッセージが残されている」

一方Drout氏はあるインタビューで、PJ映画に対しアラゴルンやデネソールの描き方があまりにもハリウッド的であるという感想を述べています。

簡単な一般論で申し訳ないですが、「人それぞれ」といったところでしょうか。私はPJのLOTR大好きです。

このようにして10週も終わってしまいました。早いものですね。けれども読み残した資料が大量にあるので、ちっとも終わった気分ではありません。
ここでは、エッセイについて来週あたりに少し書こうと思っています。よろしかったらまたお越し下さい!

category: トールキンオンライン講座 第十週

[edit]

page top

« エッセイについて  |  3 トールキンとスカラーシップ 関連資料 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mithrim.blog100.fc2.com/tb.php/93-983955ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。