ENDOR雑記

束、洋書関連の個人的メモ書き。

10/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

トールキンソサエティ・ジャーナル Mallornより 

トールキン・ソサエティの会員になると機関紙「アモン・ヘン」が毎月、ジャーナル「Mallorn」が年に二回送られてきます。

どちらもぱらぱらと目を通すぐらいでじっくり読んだりすることは稀(^^;)なのですが、今回の「Mallorn」になかなか面白い記事がのっていたので、少しまとめてみます。記事寄稿者はトールキン研究では大層有名なトム・シッピー氏。内容は2009年に出版された下記トールキン研究本『The Epic Realm of Tolkien - Part One - Beren and Luthien』に対するレビュー、あるいは痛烈な批評またはお叱りです。

この本ではシルマリルからHoMeに掲載されているベレンとルーシアンの物語のソース・マテリアル、つまり教授流に言うとスープの出汁の元各種を取り上げ、それぞれを掘り下げてみたもののようです。アーサー王伝説との関わりがあるものが軸となっています。
例えば

マギノギオン 「キルッフとオルウェン」(初期アーサー伝説として)
ヴォルフラム・フォン・エッシェンバッハの「パルツィヴァール」 
中世詩 「かっこうとナイチンゲール」
(http://www.everypoet.com/archive/poetry/Geoffrey_Chaucer/chaucer_poems_THE_CUCKOO_AND_THE_NIGHTINGALE.html)
モンマスのジョフリーによる「ブリテン王列伝」
などなど。

また、ベレンとルーシエンの物語の中に見受けられる具体的なアイテムとして、

初期のベレンとルーシエンの物語に登場する猫のプリンス、テヴィルド(Tevildo)のモデルとして ウェールズの民話に出てくる悪魔の猫 キャスパリーグ
カルカラス(Karkaras)のモデルとして、マギノギオンのトゥルフ・トルイス (大イノシシ狩りの話)
が挙げられ、上記の二つのアイテムに関してはシッピ―氏も「ソースとしてもっともらしい」と認めています。

ですが、確かに類似点はあるもののトールキンがソースとしたかどうかは疑わしいとシッピー氏が指摘するものも多々あるようです。

一つには中世詩の「かっこうとナイチンゲール」。シッピ―氏によると、トールキンがこの詩を知っていたことは勿論ありうるが、それよりも古い「フクロウとナイチンゲール」の詩により強い興味を抱いていたと反論しています。「フクロウとナイチンゲイール」は、オックスフォードのシラバスにもある作品だし、さらには「フクロウとナイチンゲール」の作者とされるNicholas Guildfordの名を、トールキンは『Notion Club Papers』の登場人物に拝借しているではないか!と大反撃。そして前者のナイチンゲールは真の愛と精神の向上を表すのに対し、後者は不義と不貞を表しているといったところで矛盾が見られる。よって、前者からのみナイチンゲールの解釈を引き出そうとするのは無理があるというわけです。

また、エッシェンバッハのパルツィヴァールに関しても、探求の対象といった意味合いで聖杯とシルマリルを同等視する論説が展開されるのですが、それに対しても、シッピー氏はドイツの聖杯伝説にトールキン教授が興味を示さなかったわけではないが、それは北欧の伝説となんらかの関連を持つ場合に限ると主張します。

さらに、モンマスのジョフリーによる「ブリテン王列伝」にも初期のアーサー王伝説の要素が数多く含まれています。そこでトールキンは「失われた物語(Lost tales 1、2)で、ブリテン王列伝が書かれた当時の元ネタであるイングランドのアーサー王伝説を再構築しようとしたのだろうという仮説が打ち立てられています。これもシッピ―氏は、著者の「ブリテン王列伝」の解釈(一部のラテン語の解釈)に誤りがあるとして退けています。

全体的に手厳しい内容となっていて、間違いを指摘するだけではなく「似たものを並べただけじゃくそつまらん! そっから先になにもないなのか!!」とドカドカしている様子が目に浮かぶようでした。トールキン研究本もこれまでに(海外では)多数出版され、新しい切り口を見つけるのが難しくなってきているのかもしれませんね。

The Epic Realm of Tolkien - Part One - Beren and Luthien
Alex Lewis (Author), Elizabeth Currie (Author)
(http://www.tolkienlibrary.com/press/903-Epic_Realm_of_Tolkien.php)


category: トールキン

[edit]

page top

« Cloud Atlas by David Mitchell  |  Mainspring by Jay Lake »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mithrim.blog100.fc2.com/tb.php/99-cb74baf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。