ENDOR雑記

束、洋書関連の個人的メモ書き。

01/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28./03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

六月は春の終わり。 Against a Dwarrf その8







六月ですね。蚊が出てきましたよ……。


蚊に噛まれたら 右手で胸の前に十字を切り、左手で額に卍を書いて、

粘着剤のついた透明なテープを棚から取り出し、1.5cmの長さに切り、

ドラドラキュッキュと三回唱えた後に、

患部にその小片を貼るが宜しい。

アーメン。

以上、蚊に噛まれた時のおまじないである(自作)。要はセロハンテープを貼ることである。

これ割と効くんだけど、痒くなくなって存在を忘れて風呂に入るとセロハンテープが。湯の中で、排水口あたりで、


前置きは以上。

さて、本体のお呪いである。


A spider-thing came on the scene
with his cloak in his hand; claiming you for his horse,
he put his cord on your neck. Then they began to cast off from land;
as soon as they left the land they nonetheless began to cool.
The beast's sister came on the scene;
she stopped it, and swore these oaths:
that this should never hurt the sick one,
nor any who tried to take this charm,
nor any who should speak this charm.
Amen. Fiat.

拙訳


蜘蛛の様なものがマントを手にやってくる。
お前は私の馬だと言い張りながら、お前の首にひもを掛ける。

それから彼等は岸を離れ始める。岸から離れるや否や、ともかくも冷たくなり始める。
そこに獣の姉(妹)がやってきて、それを止めさせる。そしてこの宣誓を誓う。

これは病んだものを決して傷付けはしない。
このお呪いを受けんとするものを
このお呪いを唱えるべきものを

アーメン 然り



まずは、“a spider-thing(蜘蛛の様なもの)”は何かというところから。

原語は“spindenwiht”だそうだ。“spider-person”、“spider-creature”とも訳される。

ズバリ言いましょう。これはドワーフのことを意味しています。

なんでやねん。

何故かと言うと、“dwarf”と“ spider”は言語的に、フォークロワ的に繋がっているからよ。


Gay also points out a folkloric and linguistic relationship between dwarfs and spiders,:


Gayさんという方が、ドワーフと蜘蛛の言語的かつ民俗伝承的な関係を指摘されているというのだ。


ドワさんはスウェーデン語ではdvergとゆーらしいー。この言葉はドワさんそのものを指す以外にもspeder(蜘蛛)の意味があるらしい。

あと、ブルトン語、ウェールズ語、コーンウォール語(ケルト語の一種)でもcorといって、やはりドワーフと蜘蛛両方を指す。 

言語的なところでは、成程なーと思う。

しかし、“民俗伝承的”な説明および根拠が見つからない。見つけられない。

ヤコブ・グリムの「Deutsche Myhologie」が大元らしいが……。

困った。誰か教えて下さらんか。

……ともかく時間のある時にもう少し掘り下げて調べようと思います。


次は獣の姉(妹)。これ一体誰?

原語は“dweores sweostar”であるが、これは原本が非常に判読しがたい状態にある故の、読み違いではないかとマシューさんは仰る。

“dweores sweostar”を“dwarf's sister”ではなく“eares sweostar” すなわち“the sister Earr”と解釈する学者もいるらしい。

何故なら、(蜘蛛/ドワーフ)的な生き物の悪行を止めさせるものが、その生き物の妹(姉)だったりするはずがないからだ。そして、“the sister Ear”は、夜明けの女神 “Eástre”だろうと言う。

この夜明けの女神“Eástre”はゲルマンの神らしい。春の女神でもある。なんでも最近はやりの『イースター』の語源がこの女神さまだという。ウィキさんを貼っておく。

→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A9%E6%B4%BB%E7%A5%AD

以上を踏まえてお呪いを再度解釈してみると

蜘蛛/ドワーフが、マント(蜘蛛の巣?)持ってやってきて、眠っているものの上に跨り、その者を馬にして(馬乗りになり、首にひもを掛けて苦しめ)、どこかに(海に? 夢の中に? 異世界に? )出て行こうとする、
すると、夜明けの女神がやってきて、それを止めさせ、苦しんでいる者を救う。

となる。

なるほど、細かい所はまず置いといて、大筋としてこのお呪いは“睡眠障害を克服するための自己暗示”だと納得できる。
 

ところで、“Eástre(エオストレ)”というと、アラゴルンの幼名エステルを思い出す束ファンもいらっしゃるだろう。

エステルはシンダール語で意味は“希望”。なんだかシンクロしているみたいで、けっこう嬉しい。

女神だけど……

女神だけど……!!





Against a Dwarf だいたいこんなところか。ふー。

次回はトールキンのお話を含めてまとめる予定でございます。


よろしゅうに。










category: 読書感想

[edit]

page top

パヴァーヌ by キース・ロバーツ

ジャンル:SFファンタジー
対象:一般向け

アマゾン→http://amzn.to/TsqxQ8
筑摩書房→http://www.chikumashobo.co.jp/search/result?isbn=978-4-480-42996-4

1968年の作品。1987年に邦訳が出版されたが、今年の10月10日に筑摩書房から新たに文庫で発売。概要はこちらが簡潔で分りやすい。楽天ブックス
→http://books.rakuten.co.jp/rb/11894465/

所感 

色とりどりのアイコンが入り乱れては、ばくばくと奔走する濁流、ツイッター。波の間に旗がふられた。遠くひるがえるメッセージを受け取った。「パヴァーヌは古典的名作」。金木犀の香さらりと流れる午後に読み始める。


陽の傾きはじめた陰々たる冬の荒野に、白煙を吐き出し進むチェストナット色の機関車「レディ・マーガレット」。切り刻む風をものともせぬ、たくましき機関手は、将来大企業となってイギリスに名を知らしめる「ストレンジ商会」を父から引き継いだばかり。

第一旋律(第一章)の数葉を読んだだけで、古びた映画館の擦り切れたベルベットの座席に埋もれる感覚に陥る。あたたかい闇に浮かぶ銀幕に映し出される情景を、まざまざと心象に見るのならば、おそらく一気に読み切ってしまえるだろう。

巻末の解説にある通り、イメージを呼び起こす細やかな描写は、異世界には似つかわしくない程にしっかりした現実味を与えてくれる。抑制の効いた筆致は、SFファンタジーよりも純文学に近く思える(純文学というカテゴライズそのものがよく分らないくせに、こうして使ってみたりするのは、いかがなものか)。心うたれる表現に出会う事も一度や二度ではない。今、肺に吸いこむ空気のかなたから、したたかに響いてくる言葉たち。


解説の大野氏は、ジブリの映画を引きあいに出しているが、個人的な感覚からすると、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』が近いかもしれない。その透明な映像に、明治から昭和初期の日本文学に描き出されるプロレタリアの暮らしがセピアのフィルターを掛ける。さらに様々なメディアを通して得られたイメージが次々と覆いかぶさり、何度もニスを塗り重ねたような、なめらかな艶を帯びる。

1968年に路上列車がイギリスの荒野を走る。“オルタネイティブ・ヒストリー”や“スチーム・パンク”がジャンルとして確立した現在、特に目を引くものではないだろう。電気と石油のない世界で、禁欲的なまでに労働に従事する男たちを始点に、世代ごとの物語が繋がれてゆく。おそらくこの作品は、すでに数多くのSFファンタジーを読みこなしたつわもの。つまり、新たな展開を早くとせがむよりも、物語が差し出すテンポのままに、ゆったりと読み進める余裕のある方が楽しめる作品ではないかと思う。

そして第一旋律から終楽章へと向かうに従い、筆者の目指すものは、世代を越えて人の生き様を描く大河小説ではないことに気付く。思いもよらぬ程のスケールを持つ構想、そし思想が、水平線からゆっくりと、戦艦が港に近づくよう形を成して迫ってくる。

その堂々たる勇姿におののき、たじろぐ。全てを理解することはできない。ただ甘やかな悲しみが体のすみまで広がってゆく。

筆者が最終的に用意していたテーマは、イギリスの歴史に深く根ざすもので、なおかつ宗教色の強いものだ。英国国教会と、ローマカトリックの双方に興味があり、何らかの知識を有していない限り、物語後半部からはまったく雲を掴むような話になってしまう。


1987年に邦訳が出た時、売れ行きが芳しくなかったとウェブにあったが、作品の出来如何よりもむしろ、海外(主に英米)の読者が有している歴史観や知識が、国内の読者にとってあまりにもなじみ薄いものだったからではないか、と考えてみたりする。

それから25年経ち、ファンタジーの読者層も変化したことだろう。様々なオルタネイティブも広く受け入れられている。当時は図書館に行くか、個人で本を入手しなければ学べなかった歴史は、いつでもどこでも、ネットの検索窓に尋ねることができる。全てを理解することは不可能であっても。

成人して久しい方にお勧めの作品だが、若い人にも是非手にとってもらいたい。職人技がメカニックに取って代わられた今なら、ストイックな機関車の運転手や信号塔の技師は、むしろ憧れの対象となるだろうから。

ただ一見しただけでセリフが見事に少なく、活字のかたまりが続くので、最初は目が泳いでしまうかもしれない。段下げが少ないのだ。訳文自体も古めかしく思えるだろう。それでも、すこし腰を落ち着けて読み進めば、余計な装飾の落とされた、静かな語り口の良さに気付くだろう。一文が相当の長さを持っていてさえ、淀みなく流れる訳文は、熟練工の技に似て、味わい深い。

版を重ねるごとに、確実に愛好者を増やしてゆく作品だ。そうあって欲しいと切に願う。



物語の吸引力 ☆☆☆☆
ファンタジーの構築 ☆☆☆☆
説教臭さ ☆☆☆☆
もうこんなんはいらんみたいな ナシ 
びっくりしたなあもうみたいな ☆☆☆
途中で読む気がうせたりしたみたいな ナシ


category: 読書感想

[edit]

page top

The Best Horror of the Year Volume 4 edit by Ellen Datlow


ジャンル:ホラー
対象:一般向け
アマゾン→http://www.amazon.com/The-Best-Horror-Year-Volume/dp/1597803995

概要

2011年の短編ホラー傑作選。 Laird Barron、 Stephen King、John Langan、Peter Straub等、18本が収録されている。


所感

キングは骨の袋が好きだ。ただしそれ一冊しか読んでいない。トマス・ハリス(ホラーなのか)はハンニバルシリーズだけだ。つまり、ホラーはあまり、いやほとんど読まない。しかし、今年の七月、暑さに打ちのめされ、少し涼しくなるかなとアマゾンで注文。そしてもう十月だ。それほど面白くは読めなくてだね。ホラーはいずれ種明かしされてコンニャクかイカかなっちまってだね。読み方にもよるんだろうが。それでも惰性でずるずる、だらだら、途中挫折も何本か。いいや読んだことにしておこう。そうさね腰を入れて読んじゃいない。でも読後に跡を残すものがいくつかあった。


MULBERRY BOYS by Margo Lnagan
ROOTS AND ALL by Brian Hodge
DERMOT by Simon Bestwick

この三本には共通する要素がある。一般的にタブーとされがちなテーマに対し、反倫理的ともとれる視点から物語を紡いでいるところだ。

ROOTS AND ALLは近親相姦を描いた作品だが、オイディプスの悲劇にあるような耽美なカタルシスはなく、性的虐待を受けた子供に対する救済もない。父娘、母息子、姉弟の奇怪な関係を淡々と描く。まるで四匹のカタツムリがのたうち性交しているを見るが如くに不快だ。

DERMOTは、障害者が主人公だ。これまた、主人公DERMOTが役立たずに見えて、健常者を凌ぐような大活躍をするパターンかと思いきや、最後には主人公の救いようのない悪癖が暴露されて終わるだけ。

MULBERRY BOYSは、被差別部族がまるでフォアグラ用の鴨のごとくに扱われる。ただ、この作品だけは、一人称で語られる被差別側の意識が澄んでいて僅かな救いがある。もっとも被差別民族が最終勝利を得るといった常套的かつ全人類賛歌的要素はやはりない。あるいは排除されている。


これらの作品は、現代で誰しもが有して然るべき倫理感を物語の中に持ち込まず、むしろ戦略的な冷徹さ、鋭利さでもって、タブーを描いているのだが果たして。

あなたは(いるかいないか分らないが、一応書いておく)これらの作品をどのように受け取るだろうか。どのような反応をあなたの中に見出すだろうか。

(私が勝手に予想するに)、あなたは否応なしに、自分の生の感情に向き合う事になるのではないだろうか。

現代の一般的な教育によって『人種差別、障害者差別反対!』のスローガンが埋め込まれる以前の意識。すなわち自身より身体能力の劣る者に対する、また明らかに「後進国」を象徴する身体特徴を持つ者に対する嫌悪。弱者などできれば排除してしまいたいという利己的な欲求。近親が性的対象になりうる恐怖。それらが、意識の底にあることを知るだろう。

こわいもの見たさ、という点で、これらの作品はまさしくホラーだ。こうした作品に新鮮さを感じる自身もまた、現代の倫理を肯定する己の意識に即して言えば、唾棄すべきもの、見たくないものだ。だが読まずにはいられない。見ずにはいられない。


扱いの難しいところではあるが、障害者に対する意識がさらに高まってバリアフリーが行き渡るごとに、グローバル経済の発展によって白人種以外の民族が力をつけるごとに、こうした姿勢でタブーを描く作品も増えるのではないだろうか(近親相姦ばかりは現代社会に特徴的な事柄ではなく、人類古来変わらずあるタブーであって、この範疇からは少し外れると思うが)。その際、どのようなラインまで一般大衆に受け入れられるか、また許容されるかが、気に掛るところだ。

ところで、楽しみにして最後にとっておいたスティーブン・キングは凡作だった。交通事故で大怪我をしたキング自身の経験が作品に生かされていて、その点は興味深く読める。ただ、最後は痛みの小さな神様がぴょこぴょこするだけで終わってしまった。

短編集なので☆評価は今回なしとする。





category: 読書感想

thread: 読書感想文

janre: 小説・文学

[edit]

page top

Working for the Devil by Lilith Saintcrow

Working for the Devil (Dante Valentine, Book 1) [Mass Market Paperback]
ジャンル:ダーク・ファンタジー
対象:一般向け
アマゾン→http://www.amazon.com/Working-Devil-Dante-Valentine-Book/dp/0446616702


概要

タフでハードなネクロマンサー、ダンテ・バレンタイン。ちなみに女性。ある月曜の雨の朝、悪魔のプリンス、ルシファーのメッセンジャーが、自宅の玄関に現われた。しかも銀の銃口をこちらに向けて! ダンテ・バレンタインは「背信者のデーモンを捕獲する」という依頼を受ける。やっかいこの上ない依頼の上に、メッセンジャーとしてやってきた彼、アサシンクラスのデーモン、ジャフィメルをパートナーにしなければならないのだ。だが、断れば死が待っている。もっとも請け負ったとしても、やはり死は免れないだろう。不承不承、依頼を承諾するダンテ。それからというもの、恐ろしくも魅力的なデーモン、ジャフィメルとの奇妙な日々が始まった……。


所感

欧米のダークファンタジーシーンで人気のダンテシリーズ第一巻。アレクシア女史シリーズの作者、ゲイル・キャリガーが、彼女のHPで作者にインタビューをしていた。それで興味を持ってぽちったのだ。シリーズは五巻まで出版されているし、見たところ米アマゾンでもかなりの人気のようだし、いけるかなと。

さて、読んでみると、ダークファンタジーとはいうものの、冒頭はけっこう軽めで、快調。これは楽しめるかなと期待した。そしてページをめくる、……うーん。なんか様子が違うわ、うーんなんだこれ。……わかった。

これダークファンタジーの姿を借りたロマンス小説だわ。たぶん。筆致はハードだし、アクションも上手い、と思う。展開もスピーディでキレがある。しかし、しかし、ロマンス~なのよ~。ロマンじゃの~マロンじゃの~~。よろよろ。

アダルトなシーンは少ない(ほとんどないといっていいか)し、描写も恋愛を主体とはしていない。だけど、基本ハーレクインなのだ。つまり、ヒロイン(ダンテ)に感情移入をして、イケメンの男性(ジャフィメル)から惚れられまくるシチュエーションを楽しむもの。アレクシア女史シリーズもハーレクイン的なところがあるけれど、このシリーズはそのダーク・ファンタジー版と言っていいかもしれない。欧米のファンタジーファンには、この手のロマンスを求める読者層があるのだろうね。

重要なポイントはヒロインに感情移入できるかどうか。これは個人の好みによるもので、ヒロインのキャラが好みなら楽しめる。アレクシア女史のドライで、すっとぼけたキャラは好きだった。が、このダンテの、パセティックで自滅的で、自分なんかもうどうでもいいからあなた生きて的な……。そういうある種のなんつーか、うう、そう、ダーク思考のジャンヌダルクとでもいえばいいの。かな。

厭世感を持ち、他者を拒絶しつつも、どこまでも自分を捨てて世界(?ちょっとよく分らない)を救おうとする類稀なる美しい魂の持主。だからこそ彼女の恋人、友人は彼女を愛してやまず……。うへええええ。

すみません。無理です! 無理です! 感情移入できません!!


つーわけで、そういうヒロインがお好きな方、なりきりたい方にお勧めいたします。面白いと思うのよ。多分……。




物語の吸引力 ☆☆☆☆
ファンタジーの構築 ☆☆☆
説教臭さ ☆☆
もうこんなんはいらんみたいな ☆☆
びっくりしたなあもうみたいな ナシ
途中で読む気がうせたりしたみたいな(単に個人的に) ☆☆☆☆☆






category: 読書感想

[edit]

page top

Sky Coyote (A Company Novel) by Kage Baker

ジャンル:SFファンタジーコメディ
対象:全年齢対象
アマゾン→http://www.amazon.com/Sky-Coyote-Novel-Company-Book/dp/0380731800


概要

時間旅行も永遠の命も、ゼウス博士のカンパニーの手に掛かればけして夢ではない。ただし、時間旅行といっても未来には行けないし、記録に残る歴史を変えてはならない。永遠の命と言ってもアンドロイドならぬ、サイボーグになって、カンパニーのために働かなければならない。とほほである。
さて、主人公ヨゼフもまた、幼いころにカンパニーに選ばれ永遠の命を授かった。すなわちサイボークとなって、過去の人々とカンパニーの仲介を行うファシリテーターとなったのだ。彼の今度の仕事は、カリフォルニアに住む希少なチュマシュ族を、スペイン人の新大陸征服で絶滅させられる前に、カンパニーが用意した新天地へと移動させることだ。彼らが崇める精霊「スカイ・コヨーテ」の姿を借り、チュマシュ族を説得すべくカリフォルニアの地に下り立つヨゼフ。さてその首尾や如何に。

所感

これもまあ、コンセプトを共通とするカンパニーシリーズ第二作である。前作読んでないが、本作だけでも、設定や登場人物の背景は十分理解できるので問題ない。

ただ私はこの小説を読んで、うんざりというか腹が立つというか、胸に糞が閊えた状態に陥ってしまった。基本コメディで、アメリカのポップカルチャーに相当馴染んでないと感覚的にわからんギャグばかり(みたい)だから、アメリカに行ったこともない私が読んでもちっとも面白くはない。それはしょうがない。私が胸糞に陥ったのは、そこではない。ギャグが理解できないからではない。

西洋文明に汚されたことのない、純粋なアメリカインディアンの、徹底的にシステマティックな保護と保存。このコンセプトに吐き気を覚えるのだ。そして、このコンセプトに何の疑問も持たない筆者とこの作品を好む読者に対してむかつくのだ。物語の中では、ヨゼフの科白を通して人種の差は無意味だなどと語られるものの、このコンセプトそのものが、私からしてみたら白豪主義の地点から一歩も出ていないように思える。

もっとも作品中、チュマシュ族を侮蔑するような描写は一切ない。いや、むしろ一生懸命に現代の文明人とほぼ変わらない意識、倫理性を持った民族として描こうとしている。そうした筆者の姿勢にむしろ薄ら寒い思いを禁じ得ない。これは、私が捻くれているのだけなのか。穿ち過ぎているのか。

そして話の結末はこうだ。
ヨゼフは無事に使命を果たし、チュマシュ族をカンパニーが用意した保護地区へと導く。彼らはもう白人の脅威に脅えることなく、機械文明の恩恵を受けて幸せに暮らす。ただし、もう子供を育てることが出来ない。チュマシュ族はもはや子供を育てたいとは思わないので、一族の誰ひとり意義を唱える者はいないという。なんだこりゃ。一代限り、遺伝子は将来の為に保存される。なんだこりゃ。

彼らが不幸になったとは一文も書かれていない。幸せな結末として描かれる。だが、言いかえれば、彼らはひたすらカンパニーの人類学的サンプルとなって一生を終え、それを幸福と思って暮らすということではないか。吐き気がする。カンパニーが欧米人種ばかりだとはこれまた一文も書かれていないが、どうしても彼らの選民思想というか、優越感が端々から感じられて腹が立つ。

だが、筆者が人種差別的な意図をもってしてこの本(シリーズを)を書いているのでない限り、筆者や、愛読者を差別主義者だと弾劾するのはお門違いではないかと思う。明確な悪意がないのならば、これは単に無神経なだけだ。無神経といえば、日本のアニメだってそうだ。過去によく海外から非難を受けてていたではないか。アメリカより余程人種の多様性がない日本社会でガラパゴス的に爆走しているアニメは、他の文化圏の意識、感情を考慮する必要がない。故に、他国の人々を不愉快にさせてしまうことがままあるのだろう。無神経さと無邪気さで同一文化圏外の者を不愉快にさせている点で、この作品は日本のアニメと共通するところがあると思う。

意識的にしろ無意識にしろ、自身が生まれた血統と文化を最上とし、その他を下位とする精神構造と言うのは、誰かから教え諭されただけで解体できるものではない。それは欧米人種に限ったものではない。日本人だって、韓国人だって、中国人だって、いや、全ての民族が、程度の差はあれ、そうした精神構造をなんらかの形で持ち合わせているだろう。

それにしても、不愉快なものは不愉快なものだ。ギャグが分ればそこそこ面白いのだろうが、全体的に話が冗長で退屈だ。お勧めできる本ではないが、それこそ典型的な選民意識が無邪気に表現されている格好のサンプルとして読むことはできる。




物語の吸引力 ☆☆
ファンタジーの構築 ☆☆☆
説教臭さ ☆☆☆☆
もうこんなんはいらんみたいな ☆☆☆☆☆ 
びっくりしたなあもうみたいな ナシ
途中で読む気がうせたりしたみたいな ☆☆☆☆☆



category: 読書感想

thread: 読書感想文

janre: 小説・文学

[edit]

page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。